スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『夢のスイッチ あなたの夢の見つけ方』 渡邉 美樹
Page: 2/219  << >>

書評:『夢のスイッチ あなたの夢の見つけ方』 渡邉 美樹

新しい氣づきを得たくて読書。

政治家になってしまった著者。結果、影が薄くなってしまったような氣がする。まだ政治家としての成果を出していないので今後に期待したいところだ。

夢と目標は違う。
夢はワクワクするもの。カラーでイメージする。達成から逆算して行動や過程を考える。

今、ワクワクするものって何だろう。意外と多い。

今年後半は、古典を読みたい。

未完成になっているまる現マップを完成させる。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.10 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『中国人の正体』 石 平(せき へい)

書評:『中国人の正体』 石 平(せき へい)

評価:
石平(せきへい)
宝島社
¥ 1,008
(2011-06-17)

中国人について知りたくて読書。

「利益最大化の原則」
分かりやすい例えだと思う。

中国に行ったことない人や旅行で行った程度の人は、誇張しすぎていると感じるかもしれない。だが、実際に生活したり、かかわった人間が読むとなるほどと思う箇所が多い。確かに中国人はと一括りで語られているが、漢族でも地域、年齢、学歴、環境による差が大きいので、一概には言えないのは日本人でも同じ。ページ数の都合で今回は、割愛しているのだと思う。

爆買いが話題になった2年前くらいから客としての中国人にどう対処するかという問題が大きくなってきた。コンビニ、ホテル、空港など主に日本側のサービス業のスタッフのメンタルヘルスを守るためにもしっかりとした中国人の行動原理を学び、どのように注意したり、他の客のサービスレベルを落とさないようにするかを真剣に考える必要がある。しかし、現状、多くの企業では個々の現場に任されており対策ができているとは言えない。

日本で対中国人対策マニュアルができて成果が出せれば、中国人客が急増している先進国や他の国々へ商品として売り込めると思う。それだけ教育教材として魅力があるものではないだろうか。

周恩来の墓壊しの話は初見だったが、驚いた。確かに中国の都市部には墓がない。郊外に隠れるように貧相な墓らしきものがあり、清明節などには墓参りに行くが、墓そのものの価値が相当低く、文革の悪影響はここにもあると思うと悲しい。

文革を経験した人は一応に口が重いようだが、体験者の話を聞くと、国そのものが根本的に崩壊したに等しいとんでもないもの。公共心や他人を信用するかとか日本人からすると信じられない人としての基本的に部分をあらかた喪失してしまっても不思議はない。

文革が終わって40年ちょっつと。今の中国はここから始まったと考える人もいる。建国40年の歴史がない赤ん坊国家。だから変化も速いから日々変化して、よくもなっているのも事実。

しかし、事実や正しい歴史よりも現世の利益を最大限重視する共産主義国家である限り、難しい。

台湾人、香港人、老華僑、新華僑の説明は面白い。日本の住むそれらの人の話をもっと聞いてみたいと思った。

中国人にとってメンツ=利益という話は納得。

今後も日本や世界の国は、中国と付き合っていく必要がある。そのためには批判したり嫌いばかりではなく、中国を、中国人をもっと知る必要があるのだと思う。

読書時間:約1時間

JUGEMテーマ:読書

2017.07.07 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『なぜ、この人に部下は従うのか(新装版): 「人」を動かす8大法則』 渋谷 昌三

書評:『なぜ、この人に部下は従うのか(新装版): 「人」を動かす8大法則』 渋谷 昌三

人を動かすことについて知りたくて読書。

相手をよく観察する。これ結構、面白い。人によって癖があるので一概には言えないが、表情、手足、しぐさに心理状況がよく反映される。

どこに座るかもそうだし、立ち位置もそう。

パーソナルスペースの取り方も今後、注意してみたい。

女性を叱る下りが面白い。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.04 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『図解 王様の「ブレイン・マッピング」―1枚の紙と1本のえんぴつが仕事を変える』 斉藤 英治

書評:『図解 王様の「ブレイン・マッピング」―1枚の紙と1本のえんぴつが仕事を変える』 斉藤 英治

マインドマップを進化させたくて読書。

マインドマップをオマージュしたブレインマッピング。マインドマップほどハードルを上げずに手軽に取り組めそう。

もっと蛍光ペンなどを使って色分けしてみようと思った。

定期的にマップを見直して追加する習慣もやってみようかと。

今後、さらにあらゆる場面で活用して楽しみながら描きたい。

読書時間:約20分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.03 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫』 吉山 勇樹

書評:『ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫』 吉山 勇樹

新しい習慣について知りたくて読書。

自分との約束を守る。大切にする。
やる氣が出ない。モチベーションが上がらないときは体を動かす。
起こりもしない不安を感じるときは書き出してみる。
締め切り1日前には終わるようにデットラインを設定する。
利き手ではない方を意図的に使う。

本書の内容は、きっと1度は、見たり聞いたりしたことが多いと思う。50のうち現状で変えないとっと氣づきが3つでもあればいいと思う。

サクサクと氣軽に読めるのもいいので、ハウツーものとしてプレゼントしてもいいかも。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.06.26 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『それでも僕は夢を見る』 水野敬也 画 鉄拳

書評:『それでも僕は夢を見る』 水野敬也 画 鉄拳

夢について知りたて読書。

大雑把に書くと生きることについて考えさせてくれる。

夢や実現したいことが実るのは素晴らしい。達成感や征服感を味わい、自分に自信を持つことができる。同時にただ夢を見つけて、その夢へ向けて進んでいる課程も楽しいものだ。仮に8割しか達成しなくても成長したことを素直に喜べる人間でありたい。

黄金律。人が成功すること喜ぶことを自分の目標に据えたい。

自己肯定感やセルフイメージを高めることは、周りへ与える影響にも関係するので大切。自分を守るだけではないから。

読書時間:約5分

JUGEMテーマ:読書

2017.06.22 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!』 美崎 栄一郎

書評:『[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!』 美崎 栄一郎

文具術について知りたくて読書。

タイトル通り楽しみながら遊び心ある文房具の使い方を紹介している。効率だけを重視の最新文具紹介ではない点がポイント。

いつの間にか日本の文具は大いに進化したと驚く。
たまには文具売り場をウロウロして眺めてみたい。

いつの間にかシャープペンシルは、フリクションへ置き換わり、消しゴムも使わなくなった。

参考にしたいのは、付箋紙の使い方。オリジナルスタンプ。マキシングテープ・フリクションの蛍光ペンなどはぜひ使ってみたい。

読書時間:約45分

JUGEMテーマ:読書

2017.06.20 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『ゼロ秒で相手に伝わる「立ち位置」の法則』 オーハシ・ヨースケ

書評:『ゼロ秒で相手に伝わる「立ち位置」の法則』 オーハシ・ヨースケ

立ち位置について知りたくて読書。

体をほぐす、リラックスすることが対人関係に与える影響。心身統一について改めて考えた。

立ち位置や目線に氣を配ってみる。

アファメーション。自分へ語る言葉。肯定的なイメージ。

タイトルから想像した内容とは少し違っていたかも。

読書時間:約45分
(5月28日完読)

JUGEMテーマ:読書

2017.06.20 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『その一言に、品格が現れる 一流の人が言わない50のこと』 中谷 彰宏

書評:『その一言に、品格が現れる 一流の人が言わない50のこと』 中谷 彰宏

一流の人について知りたくて読書。

本書で紹介されている言葉を反面教師にして学べばいい。二流の人とは付き合わない。一流の人と付き合うために労力や時間を割く。

師匠からほめてもらう。

日々1ミリでもいいので自己肯定感を上げることを考える。

相手主義で発言する。自信がない人は自分の価値観に当てはまる。年齢や社会的立場で態度を変える。

相手をほめる。いい点を認めてあげる。応援する。

自分の感覚や価値観だけで判断して発言しない。今、感覚評論をする人が増えていると感じるのは一体どうしてだろうと思った。

自分が一流になるためには、常に学び行動し続け、自分を自分で裏切らない人間であることをコミットして着実に実践することでなれる。

自分が経験した一次情報と、人から聞いた二次情報を混同しない。リアルを大切にする。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.05.19 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『強運』 斎藤 一人

書評:『強運』 斎藤 一人

評価:
斎藤 一人
PHP研究所
¥ 1,620
(2011-06-02)

強運について知りたくて読書。

強運は自分が呼び込み、引き寄せるもの。1つの同じ状況をどう考えるかで運が舞い込む。

加速の法則。
ひとつ上のことに全力で取り組む。
うまくいなかければ、どうすればうまくか考える。うまくいっている人をマネる。
天国言葉を使う。
笑顔と黄金律、原理原則で商売する。

『人を動かす』を7回読む。
「ふざけるな!」の思いを込めて読む。

逆境、ピンチのときにこそ態度が試され、運が舞い込むかどうかが決まる。

CDはこれから聞いてみる。楽しみ。

読書時間:約35分

JUGEMテーマ:読書

2017.05.12 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode