スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『朝鮮大学校研究』 産経新聞取材班
Page: 2/221  << >>

書評:『朝鮮大学校研究』 産経新聞取材班

評価:
産経新聞取材班
産経新聞出版
¥ 1,404
(2017-06-02)

朝鮮大学校について知りたくて読書。

朝鮮大学校卒業の知人(30代と40代が多い)がいて話を聞いたりしているとそれほど異常な学校生活や教育という印象は受けない。しかし、学生の立場と長期的な目標を持って教育する運営側である教育者、関係者の立場と2つを分けて考える必要がある。

日本にあって、日本の法律の下で運営されている教育機関が、日本の利益を損ねる活動や教育をしていることは他の国では許されるのだろうか。在日朝鮮人の問題を知らいないような諸外国の人間が見るとテロリスト養成学校と考える人もいるのではないだろうか。

「朝鮮大学校と朝鮮総連は一体」と本書では繰り返し述べている。
朝鮮大学校は朝鮮総連を支える人材を再生産するために学校なので当然と言える。

本書で紹介されている在日朝鮮人の人数の減少傾向を考えると遠くない将来に朝鮮大学校や朝鮮学校は姿を消すと思われる。朝鮮大学校が創立されたときの意義はすでに失われていて、もはや北朝鮮は関係なく総連の維持のためだけに存在しているのかもしれない。

在日朝鮮、韓国人の知り合いも多数いるが、在日社会をよくしたい、社会的な地位を上げたい、差別をなくしたいという気持ちは理解できる。家族や友人を大切にしたいという思いの延長だと思えるから。同じように母校を誇り思う氣持ちも十分に理解できる。しかし、だからといって北朝鮮の指導者を崇拝する氣持ちになれるのかは、一致しないのではないか。

民族教育や朝鮮語を学ぶことは重要だし、日本国内で続けてもいいと個人的には思う。しかし、特定の指導者や思想、価値観を押し付けるのは、宗教と同じではないか。問題に向き合って抜本的に改めて欲しいが、それを帰国事業を総括できないような組織にできるとは思えない。

結局、朝鮮大学校や朝鮮学校が変わるためには外からの圧力しかないのか。

巻末の朝鮮高等学校の生徒手帳2001年からの抜粋を読んで愕然とした。
こんなカルトのような刷り込みをしたら最終的に生徒や学生たちが日本社会に溶け込めず悩んでしまう人間となり、最終的に生徒や学生が一番の被害者になってしまうのではないかと冷や汗をかく。現在、生徒手帳はどうなっているのだろうか。

在日朝鮮人が北朝鮮から朝鮮公民となっている事実は興味深い。現在の韓国出身者が多い在日朝鮮人たちがなぜ朝鮮公民となったかの歴史的な経緯をもっと知りたい。

朝鮮半島解放後に成立した両国が在日朝鮮人たちにとって不運だったことは歴史の不幸。

読書時間:約1時間

本書は知人からいただいたものです。有り難うございます。

JUGEMテーマ:読書

2017.08.31 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『一粒の人生論』 船井 幸雄

書評:『一粒の人生論』 船井 幸雄

評価:
船井 幸雄
ダイヤモンド社
¥ 1,296
(2007-04-06)

マインドセットしたくて読書。

定期的に読み直すと薄くなった鉛筆の線を濃くするみたいに刷り込まれていく。

しかもそのときに抱えている課題が異なるので毎回違う氣づきや感想を持つ。だから面白い。

素直、プラス思考、勉強好き。

まずは自分が幸せになること、感じること。そうしないと周りを幸せにはできない。

著者の講演は行ってみたかったな。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.30 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『日本人が最強の脳をもっている』 加藤 俊徳

書評:『日本人が最強の脳をもっている』 加藤 俊徳

脳を鍛えたくて読書。

IT型認知症とは著者の造語らしいが、当てはまる症状がありドキとした。

意識して手書きの手紙やメモなどを書く習慣を持っているが、漢字が書けない。思い出せない。我ながらかなり重症だと思っている。

どうしたものか。PCと離れる時間を増やしてもいいが、それで何かが変わるのか。なんて思いつつ読んだ。

暗記、暗証をする習慣、時間を作る。
これはやってみよと思う。

本書で著者が推奨する和の習慣がどこまで有効かは分らないが、今までとは違う習慣を取り入れたりしてみたい。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.29 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『ベトナム建設企業50選〈2014年度版〉』 ブレインワークス アジアビジネスインベストメント

書評:『ベトナム建設企業50選〈2014年度版〉』 ブレインワークス アジアビジネスインベストメント

ベトナムの建設企業について知りたくて読書。

資産を安全に増やしてい不変の原則は分散投資だと言われる。そう考えると、中国一辺倒ではなく進出先も分散するのが賢明だろう。この5年で中国からベトナムなどへのシフトが進んだが、日本はまだまだ異常なほど中国に依存している。

ベトナムの建設企業は若い会社が多い。創業10年という会社も多く登場する。日本企業はこれまで培った経験と技術を付加価値にし、どうやって自分たちの利益も増やしていくかを模索しているようだ。

そのためにもベトナム人技術者や管理者などを日本へ呼び研修、訓練をすることで知日派の底を厚くていくのもいいのかもしれない。

さらっと触れられていたベトナムで使用される建設資材のほぼすべてを中国に依存している現状には驚いた。このことをベトナム人は知っているのだろうか。

それにしても編集に問題があり読みづらい。主語が不明瞭なため意味が不明確。企業情報の記載方法も統一性がないし、本文の固有名詞も英語のままが多く、日本語書籍では読みづらい。

読書時間:約45分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.12 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『すごい仕事力』 朝倉 千恵子

書評:『すごい仕事力』 朝倉 千恵子

評価:
朝倉 千恵子
致知出版社
¥ 1,512
(2011-09-16)

仕事力について知りたくて読書。

著者の経歴がユニーク。元小学校教諭から離婚、株で儲け、失敗し、35歳でフルコミの営業へ転職を経てセールスパーソンを養成する会社起業しているそうだ。

よく父親と和解できなと思う。もし自分の立場だったら許せるのだろうかと考えた(おそらく許せない)。それがすごいと思ってしまった。

著者の経験談が中心で、再現性は少ないと感じるが、初著書のようで読者へ伝えたい熱い氣持ちがよく盛り込まれている。

最初の強運をつかむ31の言葉だけ読んでもいい。

凡事徹底。
人と比べない、競争しない。常に昨日の自分より成長する。
自分を大切にし認めほめる。
建設は一生 破壊は一瞬。
過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる。

心の安定。精神を平らにする努力。健全なマインドセットが自分を周りを救う。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.11 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『人生の目的~自分の探し方、見つけ方~』 本田 健

書評:『人生の目的~自分の探し方、見つけ方~』 本田 健

目的について知りたくて読書。

目的と目標について考えた。

自分がワクワクするもの。嬉しいと感じたり、生きがいをかんじるときはどんなときだろう。

モチベーションの元はなんだろうか。それを自己分析を深めることで今を知ることができる…氣がする。

モチベーションの元は、感謝してもらったとき。喜んでもらったとき。自分の作品や書いたものが世の中で評価され自己実現を感じるとき。

少しずつ改めたい行動、習慣を変えていく。

これからのあなたの未来は、感情、思考、行動の3つの選択できまるのです。(p199〜200)

目標を意識して、目標→行動→結果→測定→改善。
自分との約束を最優先し徹底的に守ることに全力を傾けセルフイメージを向上させて、成長していきたい。

読書時間:約35分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.08 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『楽しく上手にお金とつきあう』 小林 正観

書評:『楽しく上手にお金とつきあう』 小林 正観

お金とのつきあい方について知りたくて読書。

たまに復習するように読み、「あ、忘れていた。忘れていた」とリマインドする著者の本。

お金を楽しませる。楽しいことにお金を使う。楽しいことを優先する。

自分を大切にし、自分との約束を守る。氾濫する情報の波に流されないためには、自分の幹を大地にしっかりと根を下ろす必要がある。それが信念だったり、こだわりだつたり、価値観だったり決断、破断するときの材料だったりするのだろう。自分で決めないと多かれ少なかれ人間は、後悔をしてしまうものだ。

まず優先するべきは自分。自分が幸せにならないと人は幸せにできないし、水平に見ることも扱うこともできない。妬みや嫉妬心も抱いてしまう。

人と比べない、競争しない、嫉妬しない。

い・ど・おの法則
威張らない、怒鳴らない、怒らない。

有り難うを口にすることの効用、効果、自分のメンタルへ与える力。

商売の基本はノーディール。非完璧主義。

リマインド完了。

読書時間:約35分

JUGEMテーマ:読書

2017.08.03 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『「ありがとう」といわれる販売員がしている6つの習慣』 柴田 昌孝

書評:『「ありがとう」といわれる販売員がしている6つの習慣』 柴田 昌孝

商品を売ることについて知りたくて読書。

販売のプロが書いた本。デビュー作なので内容が濃くて読み応えがある。

凡事徹底の例として、6章の15の習慣の再現性が高い。

もっとお客さんが買いたいと思わせるセールレターを工夫してみよう。

目的を持った会話、双方向なコミュニケーションをする。

感謝。仕事に誇りを持つ。ほめる。YESそれからBUD。まず肯定から入る。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.28 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『この社会の歪みについて―自閉する青年、疲弊する大人』 野田 正彰

書評:『この社会の歪みについて―自閉する青年、疲弊する大人』 野田 正彰

社会の歪みについて知りたくて読書。

著者の歴史観が反映しすぎて読みづらかった。

タイトルと著者の経歴から心理学的な側面から歪みについて説明していると思ったが、比較文化論だった。経歴を見ると比較文化も著者の専門のようだ。

今の日本は、他人と比較しすぎていて、以前よりも妬みや嫉妬心が増幅しているように感じている。

無責任な評論もどきの増殖や他人の欠点を探し出して一斉に叩くことで現実逃避、自己対峙を避けることに利用しているようにも思える。

常にマインドセット等の訓練を受けて精神を図太く、他人と比較しない、過度の影響を受けない、その上でセルフイメージを段階的に向上させながら自分を大切にし自分との約束を守り、やりたいことを達成することで、他人や周りも幸せにすることが今の自分には必要だと思った。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.25 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール』 田中 和彦

書評:『あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール』 田中 和彦

42歳からのルールを知りたくて読書。

自分ではそうじゃないと思っているが意外とそうなっていることが多いのかもしれない。
・守りに保守的になるな。
・恥をかくことを恐れない。
・熱い場所へ身を置く。
・シンプルにする。
・縁が切れた人に自分から会いに行く。
・偶然を強運に変える。
・謙虚であること。
・両親を大切にする。
・数字を用いて語る。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.19 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode