スポンサードリンク
Home >> レビュー >> レビュー:『あなたのお客さんが戻って来る!―顧客満足の達人』 中谷 彰宏
Page: 2/468  << >>

レビュー:『あなたのお客さんが戻って来る!―顧客満足の達人』 中谷 彰宏

リピーターについて知りたくて読書。

著者の本はこの10数年で多く読ませてもらっているが、業務内容の変化とともに日々ぶつかる課題も変化しているため毎回、異なる氣づきを得ることができる。

今回は新規の顧客獲得も重要であるが、既存客に満足してもらいリピートしてもらうヒントを求めた。

人はどうすれば感動するか。先読みしたサービスで期待を裏切ったとき。トラブル時の素早いリカバリー。プラスの気配り。

本書の例であれば、不在時の新聞を止める連絡だろう。販売店に電話が通じないのは論外として、取り置きて案など顧客へ選択してもらえれば顧客としては 嬉しい。選択してもらうことがポイントで、選んだ側は選択権、主体性を感じることができるだろう。

顧客からの連絡にはレスは早く、簡潔に明瞭にする。

以前、著者の別の本で傘の先まで気を配るという話があり大いに参考になったが、同じようにドアを開けたとき、後の人への氣遣い。この部分は日本人は本当に弱いと痛感する。

本書では、サービスを提供後にあと1秒待つという話が紹介されており、確かにこの点も日本人全体的に弱いと感じる。

サービスを提供して、感謝を伝えるためもう一度見る。ここで提供側は、顧客が別のサービスを求めていないか確認して立ち去る。これは細かいけど重要な点だと思う。

既存客に80%のエネルギーを注ぐ。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2019.05.06 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『雇われたくない人の「ゆるゆるスモール起業」のススメ』 泉澤 義明

レビュー:『雇われたくない人の「ゆるゆるスモール起業」のススメ』 泉澤 義明

独立後に利益を上げ続ける方法を知りたくて読書。

フリーランスになって今年で12年、帰国後に個人事業主となって2年ちょっと、株式会社を立ち上げて1年ちょっと。まだまだ試行錯誤は続いているもののおかげさまで生きている。

起業したことがない人には相談しないこと(p36〜)
まったくその通り。特に日本は妬み嫉妬の平等意識が根強い村社会なので、自分と同じ世界にいると認識している人間が起業するというと8割が元の世界へ戻そうと動く。応援する人間は2割以下。それがその人のためと思い込んでいるが、実は無意識に妬み嫉妬から焦りでそうしているのだろう。

この点、組織の安定感が少ない分、中国のほうが簡単に独立していく社会なので、起業すると伝えると応援してくれる人が多かったりする。どちらがいいかは別であるが、相談する相手をしっかりを選ぶことは重要。

また起業すると経営の悩みやビジネスの相談ができる人が少ないことに氣づく。多くの経営者の本には孤独という言葉をよく見かけるが、そのほんの一端だが、私も感じている。

さて、これらを乗り越えて、成長し、利益を上げ続けるために今不足していて必要なものを考えながら読み進める。

読書。
セミナーや講座など新しいことを学ぶ。
100人の薄い知り合いより、5人の濃いアライアンスを作ること。
徹底してメモすること。
うまくいっている人をもっと観察して教えを請いオマージュすること。
経営者や起業家でもエネルギーを吸い取る人とはノーディール。
他人と比べない。

利益を上げるために集中べき4を考えて96を稼ぐ。

小さな成功体験が行動ハードルを下げる。著者はヤフオクでのデジカメ転売だそうだが、私は中国にいながら日本円で給料を超える金額を稼ぐことができてしまったアフィリエイトに舞い上がって独立した。

いい先生に出会えて、愚直に実践したら結果が出た。今ではこの方法では稼げない。が、過去に小さくても成功体験があると、「同じような要領で繰り返せばいいんだ」と思ってしまう。複数のビジネスで成果を上げ続ける人の発想ってこんな感じかも。

冒頭にあるように1円でも100円でも組織に頼らずに自分の力で稼ぐことって本当にすごいこと。

義理を大切にし受けた恩は忘れず返すようにする。
リマインド。

読書時間:約30分

2019.05.02 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『感情を整える片づけ』 種市 勝覺

レビュー:『感情を整える片づけ』 種市 勝覺

評価:
種市勝覺
アチーブメント出版
¥ 827
(2017-10-09)

風水と片付けについて知りたくて読書。

部屋を片付けるタイミングだったので読書。動線という言葉を某番組で知り、重要性を本書で感じた。

動線を意識して片付けをすることに。

配色を見直してみたり、まだ置いていない植物を置いてみることを考えた。

後半の密教の知識が面白い。

現世利益、今を大切にする。今を生きることが重要で、今を充実させることが未来や過去の見方、認識を左右させる要素と考えられていること。

完璧主義に陥らない。意識的に修正して正す。マイルールに縛られない。柔軟にまっいいっかの精神で。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2019.04.19 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『「アベノミクス亡国論」のウソ 投資シミュレーションで読み解く「復活」の根拠』 上念 司

レビュー:『「アベノミクス亡国論」のウソ 投資シミュレーションで読み解く「復活」の根拠』 上念 司

アベノミクス亡国論について知りたくて読書。

今やすっかりと知名度を上げた著者。著者の話は明確でとても分かりやすい。本書も講演会で語っているような流れでスイスイと進む。

第2次安倍内閣から7年目に入ってもいまだインフレ目標には届かず、景気回復、好景気の実感は感じない状況が続くが、多くの業種のアルバイトの時給が猛烈に上がったのと自殺者が大幅に減ったのがこの数年の個人的な感想。

今年秋の消費税造成には反対している著者。確かに多くの一般人は現状だと消費抑制行動に走りそうな感はする。たったの2%でも与えるインパクトは大きい。

話は戻って、反政府や反権力の記事や話をしたほうが売上は上がるし、注目される、Web媒体ならPV数が上がる。加えて今でも根拠がまるでない日記レベルなソースを都合よくツギハギで書いたような嫌韓、反韓、反中記事が注目される残念な2019年の日本。

これだけ情報が散乱すると価値ある情報よりも価値がない情報のほうが多くなるので、今後はますますどう情報を選ぶか、鵜呑みにせず、疑問符をつけて自分の頭で考えることが重要になってくる。

もっとリフレ論者の書籍を読んで勉強しようと思う。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2019.04.10 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『まんがと図解でわかる7つの習慣』

レビュー:『まんがと図解でわかる7つの習慣』

7つの習慣のリマインドをしたくて読書。

2019年は昨年よりもさらに読書量が落ちている。インプットの習慣は継続せねばと…と反省。

まんがとなっているが、まんがの要素は少なくページ数も薄め。図解やイラストをベースに構成されている。

以前、7つの習慣本体(?)と読んだときと仕事も立場も抱えている課題も違っているので氣づきもまったく違う。

利益を最大限に出すためにどこへ集中するか。集中するべきことを知る。

緊急ではないが重要なこと
第2の領域を増やす(集中する)。

原理原則主義、自分の原則に従って「正しい」行動をする。自分の判断基準、価値基準に忠実に生きる。主体的に生きることは後悔しない。ブレなくなる。常にその原則で正しいのか、なぜその原則なのか自問自答してチェックを重ねる。

インサイド・アウト
答えは外にあるわけではなく常に内側に持っている。他人は変えられない。変えられるのは自分だけ。

自分の見方、感じ方、考え方、行動を買えることを基本とする。

No Dealの徹底活用。

読書量を増やそうっと。

読書時間:約1時間10分

(4月3日完読)

JUGEMテーマ:読書

2019.04.06 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『世界に1つ あなただけの「魔法の言葉」』 佐藤 由美子

レビュー:『世界に1つ あなただけの「魔法の言葉」』 佐藤 由美子

魔法のことについて知りたくて読書。

同じフォレスト出版ということもあるかもしれないが、師匠の考え方に近い(もしかするとづながっているのかも)。

プラス思考、ポジティブシンキング押しは多くの日本人には合わない。だから実現しない人も多い。

現実を知り、認めて、外ではなく自分の中から答えを探す。魔法の言葉とは自分の心の声を書き出したもの。

自己客観視や自己分析を積み重ねることが基礎として必要で。その基礎があって初めて次のステップへ進める。

まだ取り組んでいないが、後半は実践的なワークがある。ぜひワークもやってみたいと思う。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2018.12.07 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『自分合格力 人生が軽やかになる60点主義のすすめ』 齋藤 孝

レビュー:『自分合格力 人生が軽やかになる60点主義のすすめ』 齋藤 孝

自分合格力について知りたくて読書。

昨日受けたオンラインセミナーで、現代人は脳がオーバーヒートしており、それが一因となって睡眠障害など身体的な悪影響を及ぼしているとの話を聞いた。

完璧主義だったり他人と比較したりが無意識のうちに習慣化されてしまうと脳は疲弊してしまう。

先人の知恵は偉大なと改めて思った。たまには古典などを読んで、先人に学ぶことの大切さをリマインド。著者のような日本人だけではなく、世界的な偉人たちについて精通した人の本を気軽に読むことができるのは有り難い。

自分の選択になぜの自問を重ねて決め、自分の中の筋目を立てることを常に意識する。自分との約束を裏切らない。

今、現代日本がストレスと感じる主要因は人間関係だろう。この人とこの人は努力や時間、お金を使ってでも維持したいという一握りの人たち以外は、緩い関係を維持すればOKくらいの氣持ちくらいでいい。

妥協=ベストな選択。
悪いことでないので罪の意識を持たなくていい。

年1、2回、近況報告をメールするくらいの関係の知り合いを増やす。これは早速やってみようと思う。

読書時間:約45分

JUGEMテーマ:読書

2018.12.05 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> レビュー:『年収200万円からの投資生活宣言』 横山 光昭

レビュー:『年収200万円からの投資生活宣言』 横山 光昭

評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,512
(2013-06-14)

投資について知りたくて読書。

借金をゼロにし貯蓄ができたら次は投資で増やそうという投資編。

投資割合は約15%、浪費は5%。
ニチガイカブサイ=日本・外国・株式・債権。

国際投信を始めて今月で8年目になった。あと17年は継続する予定。今年は大幅に下落したが、一喜一憂しないで放置しておく。毎月、給料の天引きのように積み立てられていくから貯まることは貯まる。意思が弱い人間には有効な投資法。

最後でマインドセットの重要性を述べている。マインドセットがしっかりできていてこそ、続くし、成果も出るのだと改めて認識。

今は、キャッシュフローを増やし、守るお金も増やしたい。

読者時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2018.12.02 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『「やめる」習慣』 古川 武士

感想:『「やめる」習慣』 古川 武士

評価:
古川 武士
日本実業出版社
¥ 1,512
(2013-12-21)

止めたい習慣の止め方を知りたくて読書。

行動科学マネジメントを思い出す内容。着地点や達成するためのメソッドは近いと思う。

止めたり制限したい習慣は人間の意志の力では限度があり環境で作ってあげて行動を縛るほうが早い。

朝から家でビールを飲む→家にビールを置かない。
仕事しないでゲームする→ゲーム機を置かない、パソコンやスマホへ入れない。
読書しないでマンが読んでしまう→漫画を部屋に置かない。
テレビばかり見る→テレビを置かない。

ここまでは現在も実践中だが、最近は、本書で取り上げられているインターネットやスマホ依存症の傾向があるので減らしたい。SNSをやっている時間も長いと感じる。

最近、集中力が途切れてきたなと実感があり、集中して仕事を短期間で仕上げたい。

対策として考えたのは、最近使っていなかったタイマーで30分計測して集中する。
日々、大雑把な作業内容を時間帯で考える。
楽しい作業から始める。

意識して取り組んでみたいのはチャンクダウンとベビーステップ。

最近、読書量が落ちているので増やしたいなと反省。

読書時間:約35分

JUGEMテーマ:読書

2018.11.27 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『世界一やせる走り方』 中野ジェームズ修一

感想:『世界一やせる走り方』 中野ジェームズ修一

評価:
中野ジェームズ修一
サンマーク出版
¥ 1,404
(2015-02-10)

正しいランニングについて知りたくて読書。

この1年ほど睡眠が浅いと感じている。年齢の問題かと思ったが、最近、走る頻度が減っていることによる運動不足ではないかと本書を手に。

私はダイエット目的ではないので、著者が本書で伝えようとしている目的とは異なるのかもしれないが、正しい走り方、続けるポイント、怪我をしない方法などを知ることができる。

走り方に限らず様々な情報が氾濫しており一体どれが適切なのか分からないことが多い。

走る時間帯、回数、時間、スピード、フォーム、走る前と走った後のどちらに準備整理体操をすればいいのかなど参考になった。

やってはいけない準備体操は衝撃的。

早速走りたくなる。

今すぐにマラソンへ挑戦したいとは考えていないが、中長期的に挑戦してみたいなと思った。

読書時間:約55分

JUGEMテーマ:読書

2018.11.05 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode