スポンサードリンク
Home >> 大連留学 >> 硫黄島(いおうとう)の現実について。青山繫晴さんの話。

硫黄島(いおうとう)の現実について。青山繫晴さんの話。


<青山繁晴氏 硫黄島は生きるヒント1/3>

決して話し方が上手というわけではないと思う青山さん。
ですが、いつもながら説得力がありますね。

青山さんについては賛否両論のようですが、僕は彼はまっとうな話
を常にしていると考えています。

今回の硫黄島。正しい読み方はいおうとうなんですね。
正しいはずの”いおうとう”で変換するとIMEで変換されません。
(いおうじまでは変換される。)

それすら正しく教えられていない日本の現実。

現在、自衛隊が使っている硫黄島の滑走路の下へ埋められたままに
なっている事実。

それがアメリカ映画で注目される日本の現状・・・・・・。

今後、日本が健全でまっとうなナショナリズムを取り戻したときに
遺骨を故郷へ返すことができるようになるのかもしれません。
2009.01.23 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:大連留学
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode