スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 読了録:『生命の実物』 内山 興正

読了録:『生命の実物』 内山 興正

実物について知りたくて読書。

この1冊をして座禅のことが分かるほど表層世界ではないわけで、薄皮一枚くらい知った程度だろう。

曹洞宗の座禅作法などが紹介されているので参考にして実際に曹洞宗の座禅体験してもいいかもしれない。

本書では関係に「かねあい」とふりがなをふっている。自分の心は他人との関わりで成り立っている。他人と比較することで、優劣を感じる物差しとなっている。

人間が社会生活をする上で他人とのかねあいは避けられない。しかし、そのような事実を客観視し、意識して視線を外ではなく内へ向ける。他人と比較しない、競争しない、意識しない。

これがさらに進むと、こだわりや気になる執着をサクサクっと手放していくことで心が軽く、他人に左右されない自分の人生を歩んでいくことになるのだと読み解く。

多くの現代人は頭では分かっているだろう。しかし、奥が深すぎる。

特に今のような異常なコロナ禍では、社会を覆う重苦しい空気がストレスとなり、心が平らではなくなっている。だからこそ、意識して他人と比べない、関心を持たない、干渉もしない。視点を自分の内へ向け現実を現実のまま受け入れる。

視点を内には自分を大切にするセルフケアと置き換えてもいいと思う。まずは自分の欲を満たしてあげる。自分優先を意識する。

只管打坐の教えを日常生活へとほんの少しでも意識して取り入れて常に心を平らに平らにできるように努めていきたい。

本書は1996年、京都宇治での座禅体験でいただいたもの。改めて感謝を込めて読ませていただく。

読書時間:約45分

(冒頭の書籍リンクは新装版)

JUGEMテーマ:読書

2020.10.11 Sunday | さんみげるK | comments(0) | - | pookmark | category:レビュー
Comment








Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode