スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 読了録:『反日種族主義 日韓危機の根源』 李栄薫

読了録:『反日種族主義 日韓危機の根源』 李栄薫

反日種族主義について知りたくて読書。

種族とく聞き慣れないタイトル。種族の意味は冒頭は説明されて理解する。

本書を読む限り、当初イメージした痛烈な自国批判本というほど強烈でもなく淡々とエビデンスを元にしながら丁寧に説明しているという印象を受ける。

日本を礼賛しているわけでもなく批判する箇所もあり、韓国の自国史観を全否定しているわけではない。

興味深く読んだのは、プロローグ「嘘の国」、第1部1、荒唐無稽「アリラン」、第2部11、白頭山神話の内幕、13、鉄杭神話の真実、第3部18、我々の中の慰安婦、19、交娼制の成立と文化

韓国内からこのような本が登場し韓国でこのジャンルの本では異例の10万部のベストセラーになったというニュースだけを聞いて、韓国人内からの自浄作用的に変化するのかとちょっとだけ期待もしたが、本書を読むと根深すぎて内的な変化は無理ではないかと絶望感を感じてしまった。

読書時間:約1時間30分

JUGEMテーマ:読書

2019.11.25 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode