スポンサードリンク
Home >> 韓国/北朝鮮 >> 感想:『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』 呉 善花

感想:『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』 呉 善花

韓国の反日について知りたくて読書。

本書発売後、朴槿恵前大統領は韓国で政治が民主化して以降初の任期途中での辞任。後任には、盧武鉉元大統領の側近で政治経験がゼロに近い文寅在大統領誕生している。

韓国は大統領が代わるたびに反日か、親日かを推測するような報道が踊るが韓国は建国の国是が反日なので基本路線は気持ちいいくらい不変だ。

韓国は、国力的には世界の上位に位置するのに歴代大統領がことごとく退任後に逮捕されるのはどうしてか。政治制度に問題があるか、韓国社会自体の問題なのか。長年ウォッチしても分からない部分が多い。

異常なくらいに高い犯罪率(特に強姦)や失業率(発表統計上は低い)は現在どうなっているのか最新の統計を見てみたい。

サムスンなどの財閥系企業の製品が、韓国国内と海外だと海外の方が安く、国内のほうが高いという理解に苦しむ現象は興味深い。韓国人に海外へ旅行して韓国製品を買うことを推奨してしるのかと本氣で思ってしまう(海外留学を国を挙げて推奨しているのは事実)。

江戸時代の朝鮮通信使の話は今の韓国、北朝鮮の根底に脈々と受け継がれている日本観を物語っているようだ。

中韓での反日的な行動が報じられてから中韓へ行く日本人は減少へ転じ、現在も続く。当然の流れだ。身に危険があるかもしれない。嫌いな人たちがいる国へ旅行しようと思う人はいないだろうから。

韓国はトランジットのみで入国しない外国人も訪韓外国人にカウントしているから日本人の訪韓者は、韓国政府が発表する人数よりか2、3割少ないと言われる。

一方でどの韓国人や研究者、学者に聞いても理解できないのは、訪韓する日本人が減少しているのに訪日韓国人は激増しているという不可解な事実。

一体どうなっているのか。韓国人は反日を都合よく使い分けて頭の中で上手に切り替えているのだろうか。そうだとしても理解できない。今後も腑に落ちる説明を求めていきたい。

最後の著者の主張、中韓には距離を置いて付き合う。

まあ、これが日本にとってはベターな選択肢なんだと思う。訪日するのは歓迎だけど、日本人は行かないし、交易などのビジネスもするが、必要以上に売り込みもしないし、期待もせず、距離感を置いた付き合いがこれからの日韓や日中関係に基本路線になっていくのだと思うし、それでいい。

読書時間:約1時間10分
(9月2日読了)

JUGEMテーマ:読書

2018.09.08 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:韓国/北朝鮮
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode