スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『斎藤一人の道は開ける』 永松 茂久

書評:『斎藤一人の道は開ける』 永松 茂久

評価:
永松 茂久
現代書林
¥ 1,539
(2010-03-16)

即実践できる習慣、氣づきについて知りたくて読書。

『チーズはどこへ消えた?』シリーズと『ユダヤ人大富豪の教え』を合わせたような内容。

会話部分が多いので読み進めづらいが、ICレコーダーで録音していたらしく、斎藤一人さんという人の人柄がリアルにイメージできて面白い。

内容は、斎藤一人さんシリーズの重複となるが、本当に一人さんから個人訓練を受けているような臨場感がある。

内容もいたってシンプル。
笑顔。うなづき。天国言葉。

人と比較しない。過去の自分と比較し、今に集中し、結果ではなく、過程に注目する。

人を喜ばせることを目標とする。

心を喜ばせるのは心。

人のあら捜しをせず、いいところを見つける。

他人は変えることができない。変えることができるのは自分の行動、態度だけ。

自分を愛する。自分との約束を守る。セルフイメージを向上させる。

人に教える。援助する。成功はおかげさま。

終章、一人さんからの最後の話がいい。

読書時間:約1時間5分

JUGEMテーマ:読書

2017.04.29 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode