スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『結果を出している人の1分間発想法』 箱田 忠昭

書評:『結果を出している人の1分間発想法』 箱田 忠昭

新しい習慣について知りたくて読書。

拡縮加換の法則はいい氣づき。

発想する方法として、
1.拡大する
・重くしてみたら?
・厚くしてみたら?
・長くしてみたら?
・大きくしてみたら?

2.縮小する
・軽くしたら?
・薄くしたら?
・短くしたら?
・小さくしたら?
3.加える

・逆にしたら?
・足してみたら?
・増やしたら?

4.換える
・入れ替えたら?
・代用してみたら?
・ほかのにしたら?

情報を一元化する。分散させないことは大切。

究極的に考えることは、考えないこと。
両忘=「過去と未来の両方を忘れなさい」

今に全力で集中すること。

各章のまとめの形式が異なっており面白い編集。

読書時間:約30分

本書はお借りしています。有り難うございます。

JUGEMテーマ:読書
2014.08.22 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode