スポンサードリンク
Home >> 日本関係 >> 都内の出版社で業界の現状と展望を伺う 電子書籍は紙媒体を凌駕するか?

都内の出版社で業界の現状と展望を伺う 電子書籍は紙媒体を凌駕するか?

15日の成田到着の翌日の羽田発だったので16日に都内の出版社さんを訪問させてもらいました。

母校開学の地の近くの出版社の編集長さんへ挨拶させてもらいました。

出版業界の現状や今後の展望など聞かせてもらい勉強になりました。今後、もしご縁がありお仕事させてもらえるといいですね。

ライターとして雑誌などへ載せさせてもらっている人間としては雑誌メディアがあって初めて成り立つ仕事なので出版業界の行末は重要です。

活字離れと言われて久しいですが、ライターや作家だけで生活していける人が多いのは日本くらいではないでしょうか?

電子書籍の話もでました。電子ブック化は今後も進んでいくと思われますが、紙の書籍に取って代わる存在となり得るのでしょうが?例え同じ内容であっても書籍と電子ブックだと書籍の方が早く読めるような氣がします。あくまでフォトリーディング的にですが。

JUGEMテーマ:ビジネス
2014.05.24 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:日本関係
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode