スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】』 苫米地 英人

書評:『夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】』 苫米地 英人

気功について知りたくて読書。

氣功という言葉が1970年以降に作れたことを初めて知る。ますます著者の謎を深める1冊。太極拳も含め氣功が道教に由来するのは、知っていたが、そもそも日本の氣と中国の氣の概念は異なっているように思う。

張永祥さんが日本に滞在いることが面白い。中国では否定されがちな氣が日本で大切にされている点が興味深い。

もっと研究し、鍛錬したいと思う。後半の図解は訓練するときに便利。YouTubeの動画も役に立つ。

再読予定の本。

読書時間:約35分

本書はブックオフ成田イオンモール店で購入させてもらったのですが、裏を見ると元々バンコク紀伊國屋書店で販売されたものらしく650バーツの値札がついています。タイで購入したものを日本で。不思議なご縁を感じます。

JUGEMテーマ:読書
2013.04.25 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode