スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『グーグル革命の衝撃』 NHKスペシャル取材班

書評:『グーグル革命の衝撃』 NHKスペシャル取材班

グーグルが生み出す未来を知りたくて読書。

取材がしっかりと丁寧にされていると感じる。2007年頃までの内容であるが古さは感じない。グーグルの光と影、凄さと怖さを感じる。

グーグルが生み出す社会の便利さと起こりえるだろうという問題点も述べている。

2007年時点ではヤフー優勢の日本も2012年だとほぼ半々からむしろグーグルが逆転したという情報もある。私自身もデフォルトでIME、検索、ブラウザを使用し、メールも全てGメールへ移管し、一元管理する依存っぷりだ。

グーグルの寡占はますます進んでおり、それが何をもたらすのかを考えさせてもらった。

人間は贅沢なもので便利さ、快適さ、楽さを求めプライバシーまで提供しグーグル依存を強める一方で、管理、監視が強化されると自由を求め始める。今後、そのようなことは起こるのではないだろうか。

また、エピローグに大切な事が書かれていると感じる。グーグル依存、高度情報化が思考停止を生み出している現状である。自分の頭で考えず、人任せが進むと、自分の人生の選択でさえ、人任せ、人の人生を生き、どこか仮想現実のような世界を泳ぎまわるような人が増えるのではないかと危惧する。本来、人間が利用するための情報が、逆に情報に人間が飲み込まれてしまっているそんな時代の到来を感じさせる。

そんな近未来に備えて人間はどう対応していくのか今後の人間の進化が楽しみであり、同時に多少の恐怖も感じる。

読書時間:約1時間5分

JUGEMテーマ:読書
2012.07.10 Tuesday | さんみげるK | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment
グーグルは凄いビジョンを持っていますよね・
Posted by: よし@お金持ち研究 |at: 2012/07/14 1:35 AM
よし@お金持ち研究さん、
 
 コメント有り難うございます。サイトへ訪問させていただき、コメントさせてもらったのですが、エラーで書き込めないようで残念です。

エラー: 必須項目 (名前、メールアドレス) を入力してください。
 アドレスを入力するフォームがないようです。名前は入力済みです。

 Googleの快進撃はまだ当面続きそうな予感をさせてもらう本でした。
Posted by: さんみげる慶次郎 |at: 2012/07/16 12:22 PM








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode