スポンサードリンク
Home >> リアルドリフ >> 書評:『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』 西沢 泰生
Page: 1/1   

書評:『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』 西沢 泰生

精神を図太くしたくて読書。

現在も活躍するスポーツ選手や芸能人も多く登場するので、いわゆ歴史上の偉人の言葉を紹介する本よりハードルが低く、より多くの人が読めると思う。

赤塚不二夫の言葉と行動がすごいと思った。魅力的な人間性を感じる。

自分の肩書をすぐに何をやっているのか伝わるインパクトのあるものを勝手に名乗ってしまう。
これ真剣に考えてみよう。

一瞬の怒りがその場の雰囲氣をぶち壊す。
怒りの感情は訓練してしっかりとコントロールしたい。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.07.08 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 書評:『会社の歯車から抜け出す方法 人生を劇的に楽しくする仕事のルール』 田渕 裕哉

書評:『会社の歯車から抜け出す方法 人生を劇的に楽しくする仕事のルール』 田渕 裕哉

成長する新しい習慣について知りたくて読書。

著者はベジタリアン生活を実践しているようだ。改めて自分の食生活や習慣をチェックした。

Y(伝わる量)=a(相手の興味関心)x(伝えたいこと)p37

相手主義で相手の求めるもの、欲してるものを常に知る努力が大切。それが、伝わる量に比例する。

自分の使命をしっかりと知ること。何のために、そして、誰のために仕事をするのか。

専門性と個性をアピール=自分をブランディングする。

健全な利己主義という表現は面白い。

読書にしてもセミナーにしてもすぐにどう自分に生かして動けるか。氣づきあればすぐにメモする。アクティブリスニング、アクティブリーディングを意識する。

新しいものを外へ求めるのではなく内にある今あるものにチャンスはある。、

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書
2015.03.04 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 書評:『大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ)』 本田 健

書評:『大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ)』 本田 健

キャッシュポイントについて知りたくて読書。

2年前に読んだ文庫版。いつ読んでも氣づきが得られる。

次のステップへ進むために現状、必要なもの、不足しているものを考える。
そもそも、どんな状態を望んでいるのかもっと内面を対峙して考える必要性も感じた。

ビジネスシステムや著作権を持ち不労所得を得た後のことをイメージしてみたい。

2年前と変わらず必要と感じたのは、
セルフイメージを高めること。
凡事徹底。
黄金律を基本としたビジネス。

特性自己診断チェックシートは、
I.コミュニケーター25点。
F.サポーター(縁の下の力持ち)22点。
H.物をつくる人22点。
J.世話をする人(癒す人)22点。

読書時間:約55分

JUGEMテーマ:読書
2014.09.01 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 停電&断水 人生初の10時間停電

停電&断水 人生初の10時間停電

よく「8時だョ!全員集合」にあった停電コントがありました。そんな停電コントを体験です。

昨日の15時過ぎに突然停電。電気が一瞬切れることは大連でもたまにあるのですが、1時間たっても復旧せず、2時間後には水道も止まりました。

部屋が明るいうちは、荷物の整理をしたり、読書をしていましたが、18時半には暗くなり読書も難しくなり、廊下は真っ暗、エレベータも停止したままです。

完全に暗くなる前に部屋を脱出、階段で降り、1階の守衛さんに聞くも復旧の目処は立っていないとのこと。
1階では部屋に戻れない帰宅難民(?)があふれていいます。

近くのカフェで2時間ほど時間を潰し、21時頃に戻るも建物自体が灯り一つもないゴーストマンションのようなままです。

そのまま、西安路近くの呑呑亭へ行き、携帯の充電もさせてもらったりしながら飲み0時半ごろに戻るとエレベータのみ動いていいたので、そのまま寝ればいいやと部屋へ戻り、真っ暗な部屋でゴソゴソしていると深夜1時過ぎに電気と水道が復活しました。

前の部屋でも水道が止まることはありましたが、これだけ長い時間、電気が止まるのは初体験です。
停電は10年前に訪れたカンボジアのシェムリアップを思い出します。大連に来たばかりの頃のオフィスでもたまに停電して自家発電機を動かしていたので、この10年で停電する機会は激減したんでしょうね。
 
スマートフォンの懐中電灯アプリが素晴らしく役に立ちましたよ。

それにしても、パソコン大丈夫かな……。

JUGEMテーマ:日記・一般
2014.07.29 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 【リアルドリフ】加トちゃんのヘーックション!

【リアルドリフ】加トちゃんのヘーックション!

加藤茶さん(加トちゃん)を代表するネタにくしゃみがあります。

そうあの「ヘーックション!」です。

大連や中国ではあれを現実で実演している人たちがいます。

バス、電車、飛行機問わず、くしゃみの時に手を添えないで豪快にヘーックションと鼻水飛ばしまくりです。

おじさん、おばさんだけではなく、若い女性でも見かけますので、幅広い世代での加トちゃんへのリスペクトぶり、ドリフ愛をひしひしと感じますね〜。



JUGEMテーマ:日記・一般
2014.04.22 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 【リアルドリフ】空の上でのフォーク戦争コント

【リアルドリフ】空の上でのフォーク戦争コント

逆上・中国人、深夜国際便内で<血闘>・・・「食事の音、うるさい」で殴り合い、ナイフ・フォークで相手攻撃(サーチナ)

確か、TGはエコノミーでもフォークとナイフはステンレスなので死人が出ます。
しかも機内でって安全運行に支障が……。「でもそんなの関係ねー」状態なんでしょうね。

対策云々よりも人としての根本的な問題なので根深いです。
恐らく、指摘した方、指摘された方も悪氣は全くなく、原始脳で思うがままに無配慮で辛辣な指摘して、指摘された方も原始脳でそのまま怒り反撃……。社会脳が未発達だとこうなってしまうのかもしれません。

名づけて、
リアルドリフ「空の上でのフォーク戦争コント」

このレベルの人たちが日本へ毎日のように…と考えるとまず迷惑するのはサービス業に従事する人たちでしょう。

JUGEMテーマ:ニュース
2014.04.20 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> 【リアルドリフ】お姫さまと召使いコント

【リアルドリフ】お姫さまと召使いコント

大連空港のターンテーブルにて。チャイナ名物ビニールぐるぐる巻の手提げかばんを指差して隣の30代くらいの女性が突然「これ取って!」一瞬意味が分からず1秒ほど宇宙旅行をした後に「(やや突き放すように)どうして?(日本語)」「ア、ニホンジン…」「それが?(中国語)」「…沈黙」。

箸より重いものは持てないとばかりに、重い荷物は見ず知らずの男を召使いのように取らせるお姫様と召使いコントなのでしょうか?

名づけて、
リアルドリフ「お姫さまと召使いコント


この話を昨晩、中国歴が長い知人へ話すと、たまにあるよとの回答でした。
中国の男性は女性に対して優しい人(優しさの種類・基準が異なる)が多く、勘違いした一部の女性は、男が手伝って当然くらいに思い違いをしているのではないかとのこと。

お願いするにしてもそれなりの言い方、態度があるのではないかとと個人的な感想。
それにしても、こんなリアルドリフターズが日本へ……と考えると恐ろしくなりますね。

JUGEMテーマ:日記・一般
2014.04.19 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ
Home >> リアルドリフ >> リアルドリフ「機内で知らんっぷり」

リアルドリフ「機内で知らんっぷり」

おそらくこのブログで書くには初めてだと思いますが、さんみげるは最近、中国はリアルドリフ王国だと思っています。

ドリフといえは、「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」などでさんみげるが小さい頃から楽しんできたザ・ドリフターズのコントが有名で、誰もが知る国民的な番組でした。

中国では、な、なんとそれが生(リアル)で見ることができます。しかも無料で!
劇場ではなく現実の現場で芸の道を極めようと一生懸命にのドリフを演じています。

まさにドリフファンにとっては天国のような感じではないでしょうか(お得)?得られるものはストレスかもしれませんが…。

聞かない振りコント
先日、マニラから中国への国際便です。着席早々席を全開に倒します。荷物を整理する後ろの人は迷惑そうです。通路を挟んだ席の人も知り合いらしく申し合わせたようにまったく同じ行動を取ります。

出発時にキャビンアテンダントさんに座席を元の位置へ戻すように注意されます。
面白いことに離陸時、機内食を食べるとき、着陸時と同じ注意を3度受けてます。

あわせてテーブルを元に戻すように、シートベールとを着用するようにそれぞれ2度ずつ注意されているので、このおっちゃん(隣のおっちゃんも同じ回数)は合計なんと7度も注意を受けています。

もちろん、機内アナウンスでしっかりと中国語でアナウンスされていますが、おそらく理解できないふりのコントなのでしょう。どうやらただのおっちゃんに見えてすでにリアルドリフの道の達人ようです。

名づけて、
リアルドリフ「機内で知らんっぷり

JUGEMテーマ:地域/ローカル
2014.03.02 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:リアルドリフ

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode