スポンサードリンク
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行8>1時間の長時間入国検査とレゲイのアーティスト風ガイド!?
Page: 1/1   

<北朝鮮旅行8>1時間の長時間入国検査とレゲイのアーティスト風ガイド!?

列車の席上、3部屋ほど離れた部屋(席)となっていたnnaya73同志の入国審査が終わっていません。

どうしたのだろうと覗いてみると、どうやらパソコンを持ち込んでいたため、検査に時間がかかっているようでした。

カメラ、ビデオは比較的に短時間で検査が終わりますが、パソコンはHDD内のデータをチェックすることがあるので時間がかかるようです。iPadやタブレット端末でも同じです。訪朝後に代理店へ聞いてみると、列車で入国する時は時間がたっぷりあるため入国検査が飛行機と比べ厳しいとのことです。

列車での入国時は、パソコンやタブレット端末は持ち込まないほうがいいでしょう。

さて、nnaya73同志の話に戻ると、電源を入れて中を見せるように言われているようです。しかし、ここでnnaya73同志の奇跡的な行動が炸裂します。なんとバッテリー残量ゼロで起動しません。さらにしかも、持参したACアダプターが別のパソコンものであることが発覚。すでに見た目で差すことができません。

怪しすぎいます。これは・・・。

結局、nnaya73同志は1時間という長丁場の検査となってしまいました。

全員の入国検査が終わってホッとしていたら、品川区在住のdoradora同志の姿がありません。ま、いいかっと思っていたら、隣の部屋のイギリス人の男性ガイドと楽しそうに話し込んでいます。彼は、年齢は20代後半、茶色のドレッドヘアに白いノースリーブシャツ、鼻ピアスにジャラジャラと複数のはド派手な腕輪と見た目はどうみてもレゲイのアーティストです。

そんな彼は北朝鮮旅行のガイドとしてすでに10回近くの訪朝経験があるとのことです。日本の世間一般では外からの文化を強烈に拒むような印象を持たれがちな北朝鮮の意外な一面を垣間見るような思いです。

色眼鏡が入っていますが、見た目と異なり、非常に紳士的です。親切にアドバスもくれます。さんげみるはそんな彼のことをジョージ(仮名)と名づけました。

さらに新義州駅での停車は続きます。

JUGEMテーマ:旅行
2012.07.25 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行7>新義州で3時間停車。トイレも窓も閉められて車内監禁!?

<北朝鮮旅行7>新義州で3時間停車。トイレも窓も閉められて車内監禁!?

久しぶりの追加です。早くも2011年に訪朝してから1年が経過しようとしています。

丹東駅を出発して15分もすると北朝鮮の新義州駅へ到着です。新義州は戦前、日本時代に造営された町で鉄鋼関係の工場で賑わったそうです。その工場は今も現役で使われています。敗戦直前の日本人(この書き方は歴史的に正しくないのですが、混同するのを避けるために使用します。=日本列島出身者)住民は1万人ほどだったようです。

新義州は残念ですが、現在では日本人は立ち寄ることができない場所となっています。新義州生まれの日本人もまだまだ多くご健在です。一度は生まれ故郷を地を踏みたいでしょうね。ちなみに、藤本健二氏の本によると近くに金正日総書記のお気に入りの招待所(別荘)があったようです。今から思えば、そのために外国人の滞在を規制しているのかもとも思えます。

脱線しましたが、そんな新義州駅はプラットフォームが複数あります。中規模の駅のようです。しかし、どれも濃いねずみ色か黒色の年代を感じさせる屋根とむき出しのコンクリートの建物とが一体化した駅舎がある古っぽい駅です。

なんとこの駅で約3時間も停車します。なぜかというと、停車中に全乗客の入国審査を行うからです。

代理店情報ではこの間、トイレも窓も締め切られ、外へ降りることもできない。夏場はまるで灼熱地獄のような車内となると・・・。

日本の電車ではもはや経験することができなそうな貴重な経験です。

7人の同志はひたすらおとなしく待つのかと思いきや、2段ベッドの個室へ集まり、ベチャベチャ談笑しています。トイレが使えないからビールは・・・と自粛していましたが、突然、doradora同志が「あたし、もういい。飲むわよ!」と目に見えない誰かに高らかにアピールするようにグビグビと缶ビールを飲み始めました。それに皆続きます。

その間、1枚の入国用紙が配られたので、記載します。基本は英語で書き込めるようです。

そうこうしているうちにニタリと薄笑いを浮かべた検査官がやってきました。どうやら、さんみげるたちの番のようです。

一旦全員、個室の外へ出て、1対1で質問を受けながら、荷物検査を受けます。

時間は1人5分から8分くらいでしょうか。

さんみげるは職業などを聞かれ、荷物では5冊持ち込んだ本がチェックされて、パラパラっとページをめくっていきます。チェックされるのは分かっていたので、北朝鮮や韓国、政治、歴史関連のの本ではなく、無関係なビジネス書、心理学の本を持ってきていました。

無事に全員入国審査終了ですっと思ったら、1人だけ・・・・。

JUGEMテーマ:旅行
2012.07.20 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行6>ついに中朝国境の鉄橋を超える。ここが旅の最高潮!?

<北朝鮮旅行6>ついに中朝国境の鉄橋を超える。ここが旅の最高潮!?

午前9時半出発予定であるが、半を過ぎても出発する気配なし。

確かに代理店の情報通り、すでにトイレの鍵が閉められています。3、4時間後の新義州での
入国検査が終了するまで閉められているとのことです。

電車をバックにみんなで写真を撮ったりしていると、駅員が中へ入るように合図。9時45分
ごろにユルユルと丹東駅を出発です。

ノロノロと列車は5分ほどかけて、これまで何回も眺めてきた中朝国境鉄橋へさしかかりまし
た。

外は雨、しかも、やや霧で窓には雨が打ち付けて視界は非常に悪い状況です。

しかし、私たち7名のテンションは早くもクライマックスです。

振り返ると今回の旅でもっとも最高潮だったかもしれません。

まだエネルギーがあったからでしょうね〜。

「うおお!」

「わ〜〜!」

「あああ!」

など会話にもならないうめき声を上げる怪しげな日本人7人。

3、4分ほどかけて鉄橋をゴトゴトと渡り、列車は北朝鮮領土へ入って行きました。

早速、兵士が警備しています。

丹東から見える対岸の遊園地(友誼公園)は、廃墟のようになって人が入れないようになっ
ていました。列車から見える風景は平屋建ての建物と畑だけです。

丹東との落差がすごいです。

私達の興奮をよそに列車は出発して15分くらいで国境の町新義州へ到着です。

さんみげるが陸路で国境を超えたはこれが人生2回目です。

JUGEMテーマ:旅行
2011.10.22 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行5>丹東駅。陸路のイミグレーションとは!?

<北朝鮮旅行5>丹東駅。陸路のイミグレーションとは!?

朝8時20分ごろホテルと同じ建物1階の商店で買い出しを終え、雨の中を出発。

大連でも同じですが、雨が降るとタクシーがつかまらない・・・・・。

5分ほど待ちようやくつかまえた2台のタクシーへ分乗し、丹東駅へ向かいます。

丹東駅は、近年新しく建て替えられたので近代的で大きな駅です。ですが、本数は1日数本と
いう感じです。北朝鮮側への中国のメンツを感じます。

タクシーのおかげで特に濡れずに8時30分ごろ到着。セキュリティーチェックを通過し、左
上が国際列車の乗口のようです。

駅の1階の商店でdoradoraさんたちがまた大量のビールと大きなディズニーの袋を買ってき
てくれました(大丈夫かなこれ?)

どうして鉄道なのに1時間前に集合?
と思っていたら、一瞬にして理解しました。異常に混んでいます。

しかも、空港と違い乗客の荷物の量が凄まじく多い。

当初、特別口と書かれた数名しか並んでいないところへ並んでいたら、自分たちの順番まで
きて「ここではない」と係員の冷たい一言。並び直しです。どうやら朝鮮族の親族訪問など
のビザ優遇者のためのゲートだったようです。

再び待っていると、「外国人か?」
と呼びかけられて、日本人であることを伝えると、最前列へ割り込ませてくれました。

年間100名もいない訪朝者、しかも、そのうち鉄道で入国する人は何人くらいいるのでしょ
うか。相当珍しい存在なんだと思います。まるで珍獣扱いです。

イミグレーションは、日本の地方空港のようなシンプルな作りでした。その場で一端パス
ポートを回収されます。そのままパスポートを持たずに出国。いっちょ前に免税店もありま
す。

出発は9時30分ですが、ゴーという音を立てて、列車は9時ごろに到着。一同大興奮したこと
はいうまでもありません。

JUGEMテーマ:旅行
2011.10.02 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行4>出発の朝。丹東の朝は早い!?

<北朝鮮旅行4>出発の朝。丹東の朝は早い!?

ついに北朝鮮へ入国する28日(日)を迎えました。

同室のmacさんとともに午前6時ごろ起床。窓の外を見ると曇り模様ですが、幸運なことに雨
は降っていないようです。

平壌への国際列車は9時30分出発。
駅には1時間前の8時半ごろに着いておくように代理店からの指示です。

ホテルから丹東駅までは約800メートル。荷物があるので、タクシーで行きます。約3分で
す。

朝食まで時間があるので、macさんと少し散歩をすることにしました。

6時15分。まだ早朝というにもかかわらず鴨緑江は多く人の人たちが歩いています。驚くこ
とにすでに露店のおばちゃんが元気に北朝鮮グッズを売っています。中国の朝は早い。

雨上がりのため少し肌寒く、風が肌へ突き刺さるようです。

買い出しができるお店を探したのですが、さすがに6時台だと商店が開いていません。観光地
として有名な、鴨緑江橋梁(鴨緑江断橋)のゲートも閉じられたままです(7時半に開門だと
か?)

さんみんげるはデジカメ用の単三電池を探しています。実は昨日スーパーで購入する予定
だったものです。さすがに北朝鮮では入手は難しいかなと思われますので。

macさんに先に部屋に戻ってもらい、さんみげるは、丹東駅の方へ電池を探しに行ってきま
した。ホテルから徒歩3分ほどの商店が空いていたので、聞いてみるとありました。アルカリ
電池2本2.5元。大連のスーパーの倍くらいですが、商店なので、こんなものですね。4本購
入しホテルへ戻りました。ちょうど、戻ったころに雨がポツポツと降りだしてきました。

結局、買い出しはホテルと同じ建物の1階にある中型商店で購入することにしました。こちら
のほうが昨日の商店の半分くらいです。しかも、冷たい青島の缶ビールがあります。冷えた
ものは+1元で5元っとこのへんは観光地ならではです。とりあえずひとりでゴクゴクと試
飲。ぷはー。雨降りの朝からビールも旅の醍醐味(アル中?)ですね。

初めて中国へ来た人にはちょっと残念な中国式の朝食を食べて、8時ごろにチェックアウトで
す。みんなで列車で飲むビールや水、北朝鮮へのおみやげとして、朝鮮族の知り合いからの
アドバイスで、白酒(高アルコールの蒸留酒・5〜10元)、北朝鮮では珍しいハンドクリー
ム(10〜15元)などをゴソゴソと数本買い出しをして、8時20分ごろに丹東駅へ出発です。

天候は悪化し、雨は本降りになっています。

JUGEMテーマ:旅行
2011.09.06 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行3>買い出しと鉄道チケット受け取り。えええ?これでいいの!?

<北朝鮮旅行3>買い出しと鉄道チケット受け取り。えええ?これでいいの!?

雨の中を明日の10時間の鉄道を少しでも楽しむための買い出しへ向かいました。

2台のタクシーへ分乗して、丹東市内のハイモール(乐购)へ飛ばします。丹東のタクシーは
初乗り5元、22時以降だと1元上がり6元です。

しかし、大連だと22時過ぎまで営業しているハイモールは20時で閉店していました・・・・・。
さんみげるのツメの甘さが一個露呈。

仕方なく、スーパー下のお菓子屋でおみやげ用の日本語の書かれた可愛らしいデザインのお
菓子を購入。

続いて、まだ降り続く雨の中、明日の鉄道のチケットを受け取るために丹東駅に隣接する
心丹鉄ホテルへ向かいました。

本来の流れであれば、出発当日に代理店の現地担当者から直接受け取るはずなのですが、こ
のとき代理店はSMAPチケットの件で大忙しだったため、人手不足となっていました。その
ため、このホテル1階フロントに預けてるので27日中に受け取るように指示を受けていま
す。

21時半ごろに丹東駅へ到着。
ここで、さんみげるのツメの甘さが再び露呈、
「あ、パスポートを忘れた」と気づきました。

大切な7人分の国際列車のチケットを受け取るのに本人確認が必要ないわけないので、一度皆
さんをホテルへ送り、ひとりで戻ってくるかなと思っていたら、あっさり、代理店からの紙1
枚で本人確認もなく受け取れました^^;

これでいいのか、中国・・・・・。ブルブル身震いするほどの感動です。
とりあえず、これで明日の鉄道のチケットはゲットです。

ホテル隣の中型商店があったので、そこで、明日の買い出しを少し買うことにしました。

大連のコンビニで3.8元で売っている500mlの青島ビール系列の缶ビールが驚きの8元。
この時点でさんみげるは(高いので)大量買は止めた方がいいと伝えました。

それぞれ、ビール数本、スナック菓子少々と傘などを購入して少し雨あしが弱まった巨大な
毛沢東像がライトアップされた夜の丹東駅を離れて22時すぎにホテルへ戻りました。

買い出しは明日にします。

JUGEMテーマ:旅行
2011.09.04 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行2>27日豪雨の丹東で、晩餐と旅行の準備をするも・・・・・

<北朝鮮旅行2>27日豪雨の丹東で、晩餐と旅行の準備をするも・・・・・

初日の晩餐は北朝鮮レストラン「三千里」です。このお店は大連開発区にもある北レスを代表す
るお店の1つです。

入店したのは19時半を過ぎていました。すでにステージショーが始まっています。
人気店であるためステージ前の席はなく、2階バルコニーのテーブル席という残念な席となって
しました。

メンバー曰く「あまり美味しくない」

私感ですが、丹東の三千里は人気店で中国人観光客も多いお店です。中国人客の好みに合わせて
味を変えているのだと思われます。メニューを見ると、半分くらいがいわゆる中華料理に変わっ
ていますし・・・・・。

食事を進めている20時半ごろ突然「ドドド」と何かを叩きつけるような音がしたと思ったら、
雷雨襲来です。ちょうど、東京組が出発する前日26日に都内はゲリラ豪雨に襲われたので「丹
東でも・・・・・」、「明日の鉄道は大丈夫かな?」と心配する声が上がるも、doradoraさん中心
に1分もしないうちに明日の鉄道の話題で盛り上がっています。

21時前に退店。雨ザーザーの中、丹東市内のスーパーへ買い出しへ向かいました。

JUGEMテーマ:旅行
2011.09.03 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> <北朝鮮旅行1>丹東から鉄道で北朝鮮へ入国。7人の同志と大連で集合

<北朝鮮旅行1>丹東から鉄道で北朝鮮へ入国。7人の同志と大連で集合

8月28日から31日まで朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)の地を踏んできました。

2003年から過去に何度も眺めてきた中国丹東と北朝鮮新義州を結ぶ鉄橋。

ついにこれを越える日が来ました。

27日に東京成田から4人、シンガポールから1人、大連から2人という超がつく個性的なメン
バーが集いました。よく集まれたなと不思議にもおもしろく感じちゃうくらい個性的な7名で
す。

でも、事前にコミュニケーションをとっていた北朝鮮ローカルのおかげもあり、会った瞬間
から昔からの知り合いのようになっています(笑)

大連駅前からバスで丹東へ出発です。9月1日の新年度前ということもあり、バスも丹東も普
段より混んでいたように思います。代理店の助言もあり、前日に7人分のチケットを購入して
おいてよかったです。バス代も90元代だったのが、燃料代が上乗せさせて99元+保険1元の
100元と大台突破です。

最終バスの14:40出発、約4時間後に丹東へ到着。ですが、7人の関心はすでに丹東にはなく
対岸の向こうの北朝鮮にあります。

北朝鮮との国境を接する国際河川「鴨緑江」から徒歩15秒にある丹東璞麗酒店へチェックイ
ン。このホテルは2年ほど前には大連にもあるチェーンホテルスーパー8酒店でした。今でも
室内の歯ブラシやマッチなどはスーパーの文字が残るものが使われています。

1泊188元で朝食付き。快適度は、まあ、こんなものでしょうね。
天候が怪しくなる中、ホテルに19時過ぎに到着。急いで、準備してもらって初日の夜はホテ
ルから徒歩3分ほどで行ける北朝鮮レストラン「三千里」で晩餐です。

JUGEMテーマ:旅行
2011.09.02 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行
Home >> 北朝鮮旅行 >> 共和国(北朝鮮)へ行ってきました。

共和国(北朝鮮)へ行ってきました。

3年越しの念願である共和国(日本での通称は北朝鮮)へ行ってきました。

28日から31日までの3泊4日の滞在です。

”百聞は一見にしかず”
一度体験してみないと分かりませんね。

街中で見かけた子どもたちの笑顔は本当であること、そして、この子どもたちの未来を願いま
す。

JUGEMテーマ:旅行
2011.09.01 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:北朝鮮旅行

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode