スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 感想:『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』 山田 昭男
Page: 1/223   >>

感想:『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』 山田 昭男

未来イズムについて知りたくて読書。

現在の社長は著者の創業者の長男。それだけ見ると、典型的な一族経営の会社なんだと思いがちだけど、現社長は4代目。間に2人社長がいたことになる。

残念ながら著者は本書の2年後に亡くなっているが、文章からも著者の性格がにじみ出ていて面白い。自身を愛くるしい顔、仏面など称していて笑わせてもらった。

本書を会社員など企業で働く立場で読むのか、経営者の立場として読むのかで感想や氣づきは違ってくると思う。

未来イズムの源は、「常に考える」。それから派生して節約倹約、朝令暮改大いに結構、改善の改善、試行錯誤を恐れないへとつながっていくのだろう。

同社は、ブラック企業の対義語のホワイト企業として注目されたが、元々ホワイト企業を目指していたわけではない。私企業として存続し、利益を上げ続けるためにはの試行錯誤の結果なんだという。

本書に随時登場する人間は感情で動く生き物。それがやる気やモチベーション、企業業績に反映する。著者は、顧客だけではなく、従業員のエモーションに注目し、常に考えてきたことが伺える。

こうしたほうが感動するだろう。喜ぶだろう。カッコいいだろうと。

価格競争に陥らない。固定概念を疑う。横並びしない。徹底した差別化。

誰も利用しなくても、育児休暇3年を変えるつもりがない。1年より3年のほうが、会社の度量が3倍は大きく見えて、カッコイイからだ。(p158)

ここ大好き。

事業規模はまったく違うので非比較してはいけないが、先日読んだ渡邉美樹さんと比べると著者のほうが人間味と何とも言えない魅力を感じてしまう。

渡邉さんは自身の経歴や努力、結果、哲学と比較的自身の過去をスーパーマン的に表現することが多く、著者は自身の過去の話よりも今のことを面白おかしく、だが的確に表現している印象。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2018.07.16 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『イギリス、日本、フランス、アメリカ、全部住んでみた私の結論。日本が一番暮らしやすい国でした。』 オティエ 由美子

感想:『イギリス、日本、フランス、アメリカ、全部住んでみた私の結論。日本が一番暮らしやすい国でした。』 オティエ 由美子

4か国の違いについて知りたくて読書。

日本とアメリカのパスポート取得率の低さと海外旅行へ行く人の割合が低い点が興味深い。最近では、日本人が海外へ行かなくなり内向きになりつつあるとの指摘も目にするが、それだけ日本が充実してきたから行かなくなったとも言えるのではないか。

どこの国でもそうであるが、数日旅行したくらいやましてや団体旅行したくらいでその国を知ることは難しい(知っていると豪語する人は残念な勘違い)。やはり住んでみないと日本との違い、その国のよさや問題点は見えない。

はじめにで書かれている海外生活をした日本人が国粋主義者になって帰国というのは確かに私の周りでも多い。国粋主義者までいかなくても、外から日本を眺めて住んでいると当たり前で気づかなかった日本のいい点や悪い点などに気づくからだと思う。やはり、比較と客観視は非常に重要だ。

今回の4か国で行ったことないフランスという国は、かなり独特で癖があるようだ。イギリスともドイツともまるで違うし、一般的な日本人のイメージとも違うことはフランスに住んでいた人から聞いたことがある。

また海外で生活したいな。拠点は東京でいいが、月の半分を海外へ過ごし、ホテルではなく、賃貸を借りてローカルな生活をしたい。

中国でもそうだったが、最初の3年くらいは中国がよく思えて、日本の悪い点に意識がいっていたが、4年くらい経ってからは中国のマイナス面が目につくようになり、逆に日本のいい面を見直すようになった。そのへんまできて初めて比較して分析できるのだと思う。

今、海外へ行く日本人は鈍化しているが、訪日外国人は近年急増している。それにともない様々な社会問題も起こっているが、一言語、一民族的な特殊な国である日本人の意識は異質である外国人が増えることで変わる(進化?)のではないかとの期待もある。かつての黒船のような外圧的な要素で。

読書時間:約55分

JUGEMテーマ:読書

2018.07.15 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『強運になる4つの方程式-もうダメだ、をいかに乗り切るか』 渡邉 美樹

感想:『強運になる4つの方程式-もうダメだ、をいかに乗り切るか』 渡邉 美樹

強運について知りたくて読書。

ワタミへ逆風が吹き荒れる前の本。著者のストーリーや哲学は共感できる。優秀な経営者だと思う。優秀がゆえに自分ができることと同じことを末端の社員、アルバイトまで要求していたのかなと思ったりもした。

人との出会いに感謝し続ける。恩を受けたら本人が忘れてもずっと忘れずに感謝し続ける。それが新しい出会いやチャンスを生み出し強運を呼び込むのだと思う。

日付、売上、利益と常に数字を意識する。目標にも具体的な数字を入れることが重要。

第1の方程式
神様が応援したくなるような努力

第2の方程式
原理原則を外さない

第3の方程式
明るくて、人との出会いがある

第4の方程式
心に一点の曇りもない

最後の心に曇りを残さないためには、自分の価値観を明確にして、ブレない基準を作る。自分との約束を徹底的に守る。越えてはいけない一線を持つこと、意識すること。天から見て美しい行いをすること。

原因、現状を客観的に書き出し、改善策を考える。達成する過程を明確に書き出す。常にリマインドと修正を繰り返す。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2018.07.14 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』 佐藤 優

感想:『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』 佐藤 優

多読速読について知りたくて読書。

読書の目的を明確にすることの重要性をリマインド。情報、知識を得るための読書と娯楽のための読書を明確に分離させる。

速読の目的は、熟読するべき本を探すための選別作業。

感想を残すること、まとめることで知識を定着化させる。

『クレヨンしんちゃん』などを真面目に評論している下りが面白い。

基本的に著者がしかめっ面で腕組んでいるような表紙の本は手に取らない(もろもろ理由あり)が、著者の本は初めて読ませてもらった。

率直な感想は、超人過ぎて真似できない。自分にとっては再現性は低いものが多数だったが、著者でも毎日4〜6時間も読書へ当てているのがすごいと驚嘆した。

速読を応用して外国語学習を再開したい。

読書時間:約45分

JUGEMテーマ:読書

2018.07.12 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『バンコクアソビ』 高田 胤臣

感想:『バンコクアソビ』 高田 胤臣

評価:
高田胤臣
イースト・プレス
¥ 1,944
(2018-06-17)

バンコクアソビを知りたくて読書。

初タイから20年、居住歴17年の著者が最新のバンコク遊びを紹介する本。

バンコクの王道の遊びを紹介している。しかし、店紹介の情報だけではなく、ボクの体験記やみんなの体験談がリアルで読み応えがある。

単なる夜遊びガイドだけでなくタイ社会や文化、タイ人基質についても知ることができ、なによりも17年以上の変化など現地を知り尽くした著者の経験がベースとなったタイ論として展開される。

本書は、王道として6つの遊び方が紹介されているので興味があるところから手軽に読むことができる。最新情報なので知っているようで知らないことも多い。

私の初タイは2001年、当時と比べても大きく変化したんだなとあ改めて思い起こされる。

具体的な店名など固有名詞が豊富で、加えてアクセス方法、参考価格など詳細でバンコクアソビのガイドブックとしても1級と言える。

個人的には日本人には分かりづらく変化も激しいチップ相場(P206)がいい情報。各ページ下のミニコメントが何気に面白い。

タイは十人十色な遊び方ができ、どう遊んでも楽しめるのが最大の魅力。同時にトラブルもつきものなのだが、トラブル事例や防止方法についても紹介されているのでトラブル回避に役に立つ。

最後の「バンコク便利MAP」はバンコクアソビ初心者だけでなく中級者にも必須な地図で、ブックカバーを外してぜひタイへお供させたい1冊。

読書時間:約2時間20分

JUGEMテーマ:読書

2018.06.19 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 感想:『微差力』 斎藤 一人

感想:『微差力』 斎藤 一人

評価:
斎藤 一人
サンマーク出版
¥ 1,377
(2009-11-24)

微差力について知りたくて読書。

2016年の単行本で一読している。当時よりも読書時間が延びている。読書冊数が減ると速度も理解度も落ちるようだ。もっと読書量を増やさないと。読書も訓練。

さて、一人さんから教えを受ける師匠から学んでいるので弟子の弟子くらいに勝手に思っている今日のこの頃。だから1年半前だが、また違った感想、氣づきを得ることができる。

僕は評論家や研究者ではなく、自分や周りを幸せできる商売人を目指すという点。

喧嘩せず、議論せず、現実的な選択を積み重ねる負けて勝つ商売人。

商売人が評論や研究者を兼ねるくらいでいいと思う。

人と話していて意見が違ったり、否定されたり、軽く怒りを覚えても「そうだよね、わかるよ」と受け流す。聞き手に回り、相手を認めて肯定化してあげる。

人は幸せになるために生まれている。
自分を愛し、他人を愛す。

自分を愛することが先に来ることがポイント。これはよく師匠も口にする。この意味を改めて噛みしめる。

自分を大切にできない人は人に貢献できないし、相手の気持分からないし、大きな成長も得ることはできない。

人と比べない。比べるのは昨日の自分であり、成長を喜ぶ。

天国言葉。笑顔。成長好き。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2018.05.02 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『 クビでも年収1億円』 小玉 歩

書評:『 クビでも年収1億円』 小玉 歩

利益を上げ続けることを知りたくて読書。

なるほど、習った物販の先生や結果を出している人たちと言っていることがほとんど同じだ。確かに、利益を出し続けている人たちの鉄板法則が紹介されている。

ヤフオクやメルカリなどの物販。50万円
自分のネットショツプをオープン。100万円
ここまでが有在庫。
メルマガやサイトを通じた発信。Bポジションやアフィリエイト。1000万円
動画、情報商材、セミナービジネス。1億円
後半2つは無在庫。

具体的な利益目標を明確化して日々の行動へ落とし込む、その上で、どこへ集中するかをもっと常に考えるようにして利益を増やしたい。

最後の非常識な11のリストは、現状に不満を抱く会社員向け。「楽なことから取りかかれ」と「決断したら考えるな」は、氣づきとリマインドに。

読書時間:約55分

JUGEMテーマ:読書

2018.04.10 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『がんばらない知的生活のススメ』 放生 勲

書評:『がんばらない知的生活のススメ』 放生 勲

10対3の法則について知りたくて読書。

最初に常識を疑うという内容がある。本書は常識なるものを疑うという著者の視点があふれている。

パソコンはスペックを追わないはいいと思う。ハイスペックなパソコンは必要ない。使う機能はインターネットとメール、ワープロだけという点も同感できるが、所有する6台が10年前の中古品というのは同感できない。

本書発売の時点でもWindows XPはサポートが終了していたと思うので、セキュリティに問題がある。またハード障害率も高くなるだろうし、データをすべてクラウドや別のストレージに入れておくならいいが、常に冷や冷やしながら使うの精神衛生上どうかと思う。

自分が行動する拠点を共通化するというはいい氣づき。

自宅、事務所、第3の場所にそれぞれパソコン、携帯電話の充電器、同じ筆記具を置いて共通化する。=ガソリンスタンド思考

色々な名著からの引用があるので参考になる。

マインドマップを執筆へもっと応用する。2000文字の原稿では活用しているので、1万、20万文字でも使うことでさらに進化できそうな氣がする。

読書時間:約45分

JUGEMテーマ:読書

 

 

2018.03.19 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『病気にならない生き方 3 若返り編 (3)』 新谷 弘実

書評:『病気にならない生き方 3 若返り編 (3)』 新谷 弘実

乱れた食生活を戻したくて読書。

ここ1年、特にこの3か月はストレスの影響かここ数年習慣としてきた食生活が大きく崩れている。

控えていた肉を食べ始め、飲酒も増え、カフェインも増えている。

1と2はすでに読書済みで、著者は一貫して水を飲むこと。水と水分は違うことを繰り返し伝えている。本書もまったく新しい情報よりは1と2のリマインド的な色合いが強い。

今回、純水という言葉が登場したので調べてみると、ちょっと購入な水として売られているものだった。

正しい食事、よい水、正しい排泄、正しい呼吸、適切な運動、上手な休息・睡眠、笑いと幸福感を「七つの健康法」として紹介。

食事以外は、ある程度できていると自己判断できるので食事について見直さなければと実感。

肉は少量を月に1、2度。同じ肉なら魚のほうが腸にはいい。
水は1日1.5リットルから2リツトル。
食事の前に水を飲む。水→果物→食事の食べ方。

糖質制限ダイエットには疑問符が。
水の飲み過ぎにも疑問符。
塩分を控えるにも疑問符。

自分が色々と実践して相性がいいもの、調子がいいと感じるものを続けるのが一番かと。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2018.03.17 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』 大塚 寿

書評:『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』 大塚 寿

今、集中すべきことを知りたくて読書。

会社員前提の話が多いのでフリーランスなど独立している人には現実的ではない箇所もある。

人脈。
家庭。
仕事。
健康。
収穫。

自分を見つめる時間をもっと持つこと。100人の知人より1人の支援者を持つ。4対96の4へ常に集中するようにする。1日を一生と考えて過ごす。

ビジネスと個人目標を含めたまる現マップを更新する。

売上ではなく利益で考える。収入を増やす。今はここへ注力したい。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2018.03.15 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode