スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『老いて朽ちず ―知的で健康なエイジレス生活のすすめ―』 大川 隆法
Page: 1/221   >>

書評:『老いて朽ちず ―知的で健康なエイジレス生活のすすめ―』 大川 隆法

健康習慣について知りたくて読書。

元は説法らしいからサラッと読める。知的好奇心を忘れないこと。できると強く思うこと(ちょっとここは…)。

若いときに取り込んだことをもう1度やってみること。
スマートフォンの使い過ぎはダメ。上手に活用する。
良書は活字本。

インプットとしての読書を再び増やそうとリマインド。

読書時間:約25分

本書は知人からいただいたものです。有り難うございます。ちなみに私は信者ではございません。

JUGEMテーマ:読書

2017.11.21 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『習近平の肖像』 崔虎敏・宇田川 敬介 訳

書評:『習近平の肖像』 崔虎敏・宇田川 敬介 訳

評価:
崔虎敏
飛鳥新社
¥ 1,200
(2015-03-26)

習近平について知りたくて読書。

この数年は北朝鮮の異常性がクローズアップされる影響か中国の国家、政府の異質さがあまり話題になっていないようだ。

本書は、冒頭で丁寧に書かれているが、反習近平であり、薄煕来に親近感を持つ中国人たちが書いた手紙を中国崩壊論を主張する日本人が翻訳しまとめている本であることを前提に読んだほうがいい。

習近平氏は、青年期の環境や文化大革命がトラウマとなり今に影響しているのだそうだ。

文革を説明する下りは参考になる。

しかし、全体的に各手紙の著者の政治思想が強く反映されておりあまり根拠が感じられない。

習近平氏が文革を否定し、毛沢東主義を明確に否定したことで毛沢東を超える存在にという動きは確かに進行しつつある。興味があるのは、今後の中国がどう国外行動を起こすのかだ。

日本は安全保の兼ね合いで政府レベルでは現実的な付き合いをし、交易として製品、商品の売買は継続していくべきだろうが、日本人が積極的に中国とかかわることはなくなっていき民間レベルでの離中傾向は今後も続き、住むなんてとんでもない、出張や旅行することすら大きなリスクになる時代を迎えている。

著者たちの言葉を借りればそれだけ共産党統治が危険水域に入り始めている兆しなのかもしれない。

GDPにおいて世界2位となった中国にしたのは中国共産党であるが、中国が民主主義ではなく実に奇妙で異質な世界最大の人治国家であることを日本人は最近ようやく再認識してきたのではないであろうか。

中国という国と一般の中国人は分けて考えるべきだと居住した経験者としては強く感じる。そう考えると中国という国は中国人にとってはつくづく不運だなと思う。

読書時間:約55分

本書は知人からいただいたものです。有り難うございます。

JUGEMテーマ:読書

2017.11.20 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言』 大川 隆法

書評:『危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言』 大川 隆法

北朝鮮の現状について知りたくて読書。

生まれて初めて著者の本を読ませてもらった。創作小説を思えば面白い。氣楽に読んでも笑える漫談のようになっている。

金正恩が自国を北朝鮮と呼ぶことない。日本向けに北朝鮮と表記しているくらいの注釈をつけておけばよかったのに。

同じ手法を使えばネタには事欠かない。それにしてもよくこんな本を出して狙われないなと。それだけ堅固なガード、抗議や嫌がらせも跳ね除けることができる体制なんだろうと推測できる。組織の力がすごい(だろうな)。

読書時間:約30分

本書は知人からいただいたものです。有り難うございます。ちなみに私は信者ではございません。

JUGEMテーマ:読書

2017.11.17 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方』 しげぞう

書評:『1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方』 しげぞう

ライターについて新しいヒントを学びたくて読書。

誤字や揺らぎチェックをソフトに任せるはいい氣づきに。紹介されていたジャストライト!はちょっと高いけど魅力的。

ワードなどのアウトラインモードを使用するのも試す価値はあるかもしれない。

アドセンスをはったブログに記事を書く作業でライターと呼ぶのは個人的にはいかがなものかと。実際に自称ライターと称していた人に会ったことがありイタい人だなと思った記憶がある。

今後、継続的に原稿料をもらうためにはどうするかを考える必要性を感じた。

最近インプットが減っているので増やさないと。

最後の商用出版への道は刺激になる。

情報がやや古いかもしれないが、出版仲介の会社やキンドルのダイレクト・パブリッシングは調べてみたい。

こっちから動かないとダメなのは10年前も今も同じ。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.11.16 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『登山ガイドブック 韓国50名山を歩く』 森正 哲央

書評:『登山ガイドブック 韓国50名山を歩く』 森正 哲央

韓国の山について知りたくて読書。

韓国の50名山を紹介する登山ガイドブック。ガイドブックとしても使えるが、その山にまつわる歴史や文化にも詳細に触れられており勉強になる。加えて著者の登山経験談がリアルでいい。登山過程で色々な韓国人と話したり、助けてもらったという交流エピソードが紹介されており、著者の人柄を感じさせてくれる。

錦繍山が韓国にあったのは初めて知った…。

読み物としても面白いが四季折々の豊富な写真を眺めているだけでも登山をした氣分にさせてくれる。

各山に山行難易度と歩行時間・距離が掲載されており、これから登山をする人の参考になると思う。

ちなみに山行難易度は4つ星が最高で5つ星はないようだ。

50名山の中でも興味を持ったのは、
鬱陵島の聖人峰と韓国最高峰である済州島の漢拏山。そして、コラムで紹介れていた日帝断脈説。最後の、日帝断脈説は初見なのでもっと調べてみようと思う。

そもそも韓国へ行って登山するという認識がまったくなかったが、いつか韓国の名山と呼ばれる山を登ってみるのもいいなと思わせてくれる。

全体的に韓国の山は、北朝鮮同様に日本より岩がゴツゴツした荒々しく険しい山だなという印象。

また、最近多いハングルをカタカタ表記したものではなく漢字にルビとしてハングル読みを添えているので、山名や地名を漢字から意味を知るヒントにできる点もいい。

読書時間:約1時間30分

JUGEMテーマ:読書

2017.11.08 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『知識ゼロ、元手6万円で月100万円![放置自転車ビジネス]開業マニュアル』 稲本 勝美

書評:『知識ゼロ、元手6万円で月100万円![放置自転車ビジネス]開業マニュアル』 稲本 勝美

放置自転車ビジネスについて知りたくて読書。

10月に読んだスマホ副業の書籍と同じ出版社。この手の分野に力を入れているのだろううか。

本書でも古物商を取得することを前提としている。ビラを配って放置自転車を集めるのだから古物商は必要なんだろう。

具体的な手順にそって書かれているので目指す人には再現性が高いのではないか。

リサイクルビジネスは人に喜ばれながら商売ができる意味では、売れる商品、売り方、配送方法がしっかりと確立し軌道に乗れば面白いと思う。

利益を上げる氣づきは、修理、メンテナンス、クリーニング。

この技術を磨くことがポイントだと思う。

読書時間:約25分

JUGEMテーマ:読書

2017.11.07 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?』 パコ・ムーロ 野田 恭子 訳

書評:『なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?』 パコ・ムーロ 野田 恭子 訳

収入を上げることを知りたくて読書。

適切に考えることは大切。だが、大量行動が結果を決定する。

口にする言葉が思考や行動を影響を与え、人間関係も左右し、結果も違うものにしてしまう。

忙しくなったら仕事の質を上げる。集中するべきものを知り集中する。

価値ある4対96の4を知り4へ常に集中するようにする。

得意分野を徹底的に磨いて上手にアピールしていく。

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.10.12 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『お金が貯まる「スマホ副業」の稼ぎ方入門』 泉澤 義明

書評:『お金が貯まる「スマホ副業」の稼ぎ方入門』 泉澤 義明

稼ぐコツを知りたくて読書。

副業入門としてスマホできるインターネットでの稼ぎ方を説明。著者は、現役のリサイクルショップオーナーなので実体験に基づいている。

本書では、メルカリをベースにヤフオクの利用方法について解説している。

会社員の副業が解禁方向に進んでいる現状に興味を持った。

意外なものが売れるのは、自分の価値観だけで売れない、価値がないと決めつけがいかにもったいないかを物語っている。

売るためには、価格調査や商品検索などリサーチを徹底すること。それもスマホ1台あればできてしまう時代になったわけだ。

本書は、一般的な副業本にはあまりない古物商について最後に言及している点がユニーク。副業を継続的に行ったり、仕入れたり、他人から買い取ったりするときには古物商の免許を取得する必要がある。古物商になれば、古物商だけが行ける古物市場へも参加できるそうだ。これは未体験の世界なので興味が湧いてきた。あと、ネットオークション代行なんかも堂々とできる。

「購入するときは笑顔で!!」(p123〜)という一文が印象的。考えたら当たり前だけど、意外と疎かになっているなと反省。

本書でも紹介されているが商売は三方よしの精神が大切なんだとリマインド。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.10.05 Thursday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『仕事で磨く人間力』 田舞 徳太郎

書評:『仕事で磨く人間力』 田舞 徳太郎

評価:
田舞 徳太郎
株式会社コスモ教育出版
¥ 972
(2014-04-24)

人間力について知りたくて読書。

大丸の社是となっている先義後利はいい言葉。

利益や給料に固執するのではなく、自分の成長のみに焦点を当てる。

他人と比較しない。

常に自己対峙することを忘れずに自己分析、自己客観視を深め続ける。

凡事徹底。基本を忘れず続ける。

原則は大量行動だと改めて思った。

さらと読めていい1冊。

読書時間:約20分

JUGEMテーマ:読書

2017.10.04 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『マーケットと儲けのネタをヒモづけよう! ビジネスマンのための「儲かる発想」』 鳥井 シンゴ

書評:『マーケットと儲けのネタをヒモづけよう! ビジネスマンのための「儲かる発想」』 鳥井 シンゴ

アイディア、発想について知りたくて読書。

儲かる発想は、不便に感じていものがヒント。

受け取りの法則は、浮かんだアイディアをメモして残すことで受けることができる。

現在あるものを組み合わせたり、逆にしたり、反対してみると新しいものが生まれる。
本書ではひもづけと呼ぶ。

常になぜ×5回くらい意識して観察して考えることを習慣化する。

小学生の時の感性や感動する心を持ち続ける。

読書時間:約25分

JUGEMテーマ:読書

2017.10.03 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode