スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『生前退位をめぐる安倍首相の策謀』 五味 洋治
Page: 1/455   >>

書評:『生前退位をめぐる安倍首相の策謀』 五味 洋治

今上天皇と近年の皇室について知りたくて読書。

今上天皇の生前退位の議論が始まり、改めて皇室や天皇にて考えてみたくなった。

私自身は今上天皇を神だとか個人崇拝はしていない。しかし、天皇という存在は、日本の歴史そのものであり、歴代の天皇が脈々と継承してきた日本そのもので、今上天皇の背後にあるものは非常に重要かつ尊いものだと思っている。

実は、海外で生活するまで、あまり天皇や皇室については深く学んだこともなければ、考えた記憶もない。海外で外国人と接していると、日本とは、天皇とは、天皇と国王は何が違うのかなどの質問を受けるも私自身が勉強不足なので、明確に答えることができないことが多かった。そのため、天皇や皇室についての本を読むようになった。それも恥ずかしながら2005年とか最近のことだ。

昨年、タイのプミポン国王が逝去した日にタイへ降り立つという機会を得た。バンコクは黒服であふれ、夜は静まり返っていた。タイ人と話していると日本の天皇も高齢だから心配だという話題が度々出てくるなど生前退位についても思いを巡らした。

そもそも多くの日本人が、天皇と国王の違いを知らない。そして、天皇の本来の姿は、被災地の訪問や外国から要人と面会することではなく、日本のため、世界のため祭祀を通して祈るのが元々の姿だ。

後半で展開される個人的な関心事でもある今上天皇と中国や韓国の関係は興味深い。

確かに中国は日本政府や国家は辛辣に批判するも今上天皇を批判することはない。中国の歴代の国家主席が天皇を自身の権威付けに利用してきた面も否めない。だから中国は天皇を批判しないと指摘する専門家もいる。

今上天皇が韓国に対して親しみを感じているとしても、現在の韓国は、天皇を日王と呼ぶ。これも以前からかと思っていたら、実は比較的最近の話なんだというので驚いた。

さらには、現在、問題になっている慰安婦問題についても最終的に今上天皇の謝罪を求めると考える韓国人は少なくないそうだ。しかも、それで終わりではないとも考えているらしい。理由は、天皇は、日本の最高権力者だと認識しているからで、その下っ端である安倍首相の謝罪なんて意味がない、馬鹿にしている…だそうだ。まさに長年の洗脳に近い教育の賜物だろうか。

まとまりがない感想だが、本書は、今上天皇や昭和天皇、皇太子などの発言を元にその思いや心情を推察して構成されている。今上天皇が象徴天皇として、平成の時代にふさわしい皇室のあり方を模索してきた歴史を知ることができる。

私は天皇や皇室の議論がタブー化することはよくないと思う一方で、天皇や皇族を一般国民と同じ土俵でやれ人権や納税などを議論するのにも違和感を感じている。

並行して我々日本人はもっと天皇や皇室の歴史、現状をしっかりと学ぶことで、それぞれが皇室のあり方について考えることが必要なのではないかと思う。

読書時間:約1時間30分

JUGEMテーマ:読書

2017.02.24 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『プラハを歩く』 田中 充子

書評:『プラハを歩く』 田中 充子

プラハの建築について知りたくて読書。

またプラハへ行きたくなる、そんな本。書かれたが16年以上前なので、今のプラハとはずいぶんと違っていたのかもしれない。

プラハには、2泊3日しかしていないが、非常に強烈な印象がある。旧市街全体が世界遺産で、新市街にも味わいある路地や建物が多い。

「アール・ヌーヴォーの街」プラハ。いい表現だ。
アール・ヌーヴォーの建物は大連の中山広場の面した建物に1か所あった。他にはバロック、ネオゴシック、ルネサンスなどの建物が混在して残っている。

スターリン・ゴシックは、北朝鮮の平壌駅駅舎が該当するのだろうか。

チェコは社会主義だったがゆえに結果的に経済発展が遅れ、多くの貴重な建物が残されたのだろう。2つの世界大戦でも被害が少なかったのは奇跡と言える。

カレル橋のすべて異なる彫刻に橋を渡った新市街側から見るとプラハ城がとてもきれいだ。

1つ悔やまれるのはプラハ城へ行かなかったことくらいか。まあ、次の楽しみにとっておこう。

著者は建築史の専門家なので初めて目にする言葉も多く勉強になることが多い。

日本は神社仏閣、城郭などは長年保存しようと努力するが住宅に関しては1世代で取り壊すことが多いのは確かに残念かも。

プラハにはもっと見どころがたくさんあるようだ。確かに朝が早いと言う印象を受けた。

読書時間:約1時間20分

本書は南千住図書館でお借りしています。

JUGEMテーマ:読書

2017.02.22 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』 中桐 啓貴

書評:『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』 中桐 啓貴

投資について知りたくて読書。

投資信託+インデックス+長期+複利
さらにドルコスト平均法と時間を味方にして増やしくという内容。

会社員でもパーキンソンの法則に陥らずに着実に増やす方法して毎月一定額の天引きを環境として構築してしまう。給料の9割で生活する意識。本業重視。

FXやデイトレードはギャンブルだと断定。

読書時間:約1時間10分
(1月25日完読)

JUGEMテーマ:読書

2017.02.11 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ』 与沢 翼

書評:『秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ』 与沢 翼

成功のヒントを知りたくて読書。

実際に話をする映像は見たことないが、名前だけは知っていた著者。本書を読むと著者がなぜあまりよく言われないか分かる氣もする。

残念ながら私には再現性はなかった。

本書発売後、資金繰りが悪化して、ビジネスは事実上停止してシンガポール、ドバイへ海外移住してしまったようだ。迷惑をかけた関係者についてはどう思っているのか。本書で述べている信義礼節を尽くす生き方なのかと思った(著者のことを詳しく知らないのでこれ以上の著者個人への言及は避けるが)。いまいち腑に落ちない。

ただボケっと見ているのではなく「自分ならどうするか」「なぜ、これがウケているのか」ということを考えながら見るクセをつけてほしい。(p203)

「既知+未知」(p198〜)

新しいサービス、ヒット商品は、無から生み出すのではなく、既存のものからの変化球。そこにこの公式が該当する。

魚鱗の陣

選択と集中での突破力は尋常ではいのだと思う。だからこそ人一倍目立ち、成果も出したのだろう。

全体として、著者は不良で、高校を3日で退学した過去から努力して億を超えるビジネスをなした自負とその背後に強烈なコンプレックを感じる。それが売名行為、炎上商法とも言えるやり方へとつながっているように思える。

それでも、顔をしっかり晒して行きていくのはすごい。メンタルは強い人なんと思う。

もっとその力を世の中が、少しよくなる形あるものを生み出すことに発揮していれば、より尊敬集め、評価される人になったかもしれない。そう考えると惜しい氣もする。だが、それも著者が選んだ道なんだが。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2017.01.18 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『99%の医者が知らない言葉のおくすり ‐心のお医者さんが6万人に伝えたストレスをみるみる癒すメッセージ27‐』 井上 裕之

書評:『99%の医者が知らない言葉のおくすり ‐心のお医者さんが6万人に伝えたストレスをみるみる癒すメッセージ27‐』 井上 裕之

精神を図太くするために読書。

両親との付き合い方について参考になった。親しい関係の人ほど抱える悩みやモヤモヤ感なんだと改めて思った。

人と比較しない。不要な情報はシャットダウンする。小さな成功体験を積み重ねる仕組み作り。批判を氣にしない。これは心が疲れていると上手くいかないので、常に心の疲労を取ること、平にすることが大切。

昨年はセルフイメージを向上させることを目標していたが、途中で予期せぬことが起こり中途半端になってしまったので、今年は改めてセルフイメージを向上させたいと思う。

「健康」「人間力」「コミュニケーション」「時間管理」

読書時間:約30分

JUGEMテーマ:読書

2017.01.16 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『印税で1億円稼ぐ』 千田 琢哉

書評:『印税で1億円稼ぐ』 千田 琢哉

評価:
千田 琢哉
あさ出版
¥ 1,365
(2013-11-08)

出版について知りたくて読書。

昨年実現できなかった出版を今年は実現させたいと思い読ませてもらった。

処女作を出して、得られる物。周りの反応。2作目へつなげるまでの過程を知ることができる。出版社へ申し出て処女作の著作料をすべて販促へ投資する。それくらい処女作は重要性なんだろう。

100万部を目指すのではなく、1万部×100冊を目指す。

「著者」×「編集者」×「営業」で、売れ行きの49%が決まる。(p105)

編集者との人間関係は非常に重要。文章力よりも編集者といかにいい関係を構築できるかが継続的な仕事へのポイント。

奢らない。

文章力よりも締め切りを守る著者のほうが編集者に好まれる。締め切り厳守。

今年はより出版社へ営業をかけていこうと思う。

読書時間:約30分
(1月13日完読)

JUGEMテーマ:読書

2017.01.14 Saturday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> 福岡 >> ムームードメインとロリポップ

ムームードメインとロリポップ

なんだかんだ安定しているムームードメインとロリポップですね。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

2017.01.13 Friday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:福岡
Home >> レビュー >> 書評:『ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則』 竹田 陽一

書評:『ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則』 竹田 陽一

ランチェスター経営について知りたくて読書。

原書の発売はバブル全盛の1986年。それから21世紀になっても読み継がれているので現在でも十分に応用できるメソッド。

自分の強みをしっかりと認識し、選択と集中でそこへ労力と時間を投入する。ニッチな分野に絞り、トップシェアを獲得する。過度な競走を避け、勝てる分野を探す。

お礼のハガキは、今だからこそ有効な手段なのかもしれない。ハガキじゃなくても手書きの手紙でもいいと思った。

自己分析と自己客観視を常に磨き高める必要性を感じる。

巻末付録は61点。まだまだ修行が足りない。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2017.01.11 Wednesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『パクる技術』 斎藤 広達

書評:『パクる技術』 斎藤 広達

評価:
斎藤 広達
ゴマブックス
---
(2008-10-03)

パクる技術について知りたくて読書。

メンターがよく言っているTTP=徹底的にパクるを今年は注目して実践していこうと考えている。

既存のサービス、製品をよく観察して、分析する。
Why?→So what?
このサイクルが進化、発展させる。

サービスとサービスやアイディアとアイディアを組み合わせる。または視点を少し変えてみるなどもパクるの変化系と言えるのかも。

読書時間:約40分

JUGEMテーマ:読書

2017.01.09 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Home >> レビュー >> 書評:『変な人の書いた世の中のしくみ』 斎藤 一人

書評:『変な人の書いた世の中のしくみ』 斎藤 一人

しくみについて知りたくて読書。

著者のファンはワクワクする内容。だが、そうではない人には宗教色の強い本だと感じると思われる。

最終第六章は、奥が深すぎて色々な意味で圧倒される。

章は、しあわせ、心、人間関係、経済、仕事、この世と進むが、いずれにも原理原則が存在し、御天道さまの意思が働いているという感じだろうか。

私は目に見えない存在や力へ敬意を払い、信じ、敬う。

自分で自分の心をいかにして水平にするか、自己客観視できるかが重要だと思った。

祖父母の墓参りに行きたくなる。

読書時間:約50分

JUGEMテーマ:読書

2017.01.08 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode